新世帯情報技術

时间:2019-11-29 21:03

一、産業の紹介
産業の規模

山東省の情報技術産業の規模は全国のトップレベルに達し,ビッグデータ、クラウド計算、ハイエンドソフトウェア、量子テレポーテーション、バーチャルリアリティなどの新興分野は急速に発展しており、産業構造は絶えず最適化されている。
企業の実力

ハイアール、ハイセンス、インスパーなど6社の企業が中国電子情報トップ100に入選し、インスパー、中創ソフトウェアなど5社が中国のソフトウェアと情報技術サービスの総合競争力トップ100企業に入選した。基幹企業は生産経営、科学技術革新、国際協力などの面で重要な牽引作用を発揮しており、サーバー、薄型テレビ、ERP(企業資源計画)ソフトなどの製品は国内市場で高いシェアを持っている。

イノベーション能力

中国のワイドバンドギャップ半導体、集積回路設計と自律制御情報システムなどの産業連盟を設立した。10個の集積回路設計センター、116個のソフトウェアエンジニアリング技術センターなど一連の革新キャリアを育成・認定した。中国の多くの「核高基(重要電子機器、ハイエンドチップ、基礎ソフト商品)」重要なプロジェクトと国家電子開発基金プロジェクトを引き受けた。国内のCPU/OSをベースにしたサーバーの研究開発・普及促進など、数多くの重要な技術の突破を実現した。

集積効果

青島、済南、煙台の情報技術産業規模は全省トップ3を維持し続け、済南は中国第二の「中国ソフトウェア名都市」となった。青島のスマート家電製品、済南のソフトウェアとハイエンドの計算製品、煙台のコンピュータとネット製品、威海のコンピュータ周辺装置、イ坊の電気音響の部品、シ博の電子部品は重要な産業の名刺になった。

両化融合(情報化と工業化の高レベルの深度結合)

両化融合レベルは着実に向上し、全省両化融合レベル指数は55.2に達し、全国第三位となった。情報消費が拡大し続き、イ坊、シ博など二グループの国家クラス情報消費モデル都市の建設が加速に行っている。情報インフラをさらに充実になり、2017年、全省の電話利用者は1億戸を突破し、固定ブロードバンド家庭普及率は71%に達し、モバイルブロードバンド利用者普及率は73%に達した。
二、発展の目標:
全省新エンジン 
2022年まで、全省の情報技術産業の総合競争力が全面的に向上し、産業規模は全国トップ3を維持し、全省の工業比重が著しく向上、15%以上に達する。産業品質が著しく向上し、競争力が強く、特色優位性がある次世代情報技術産業体系を初歩的に建設し、3-5千億レベルの企業、8-10個の千億レベルの特色産業クラスタを重点的に育成し、わが省の現代化経済体系の新たな支柱と全省の経済成長を牽引する新しいエンジンとなるように成長していく。

全国の先導区

2022年まで、集積回路、ビッグデータ、工業インターネットなどの分野で先導的技術、製品、企業が形成される。3-5個の国家レベルの情報技術製造基地、3-5個の国家レベルのビッグデータ総合試験区または産業集積区を建設し、全国に影響力を持つ情報技術産業パーク(基地)を10個ぐらい育成し、体系が健全で、牽引作用が著しい「三核一廊両翼」(済南、青島、煙台を核心ノードとし、科学技術革新回廊としての膠済鉄道のハイエンドの牽引作用を発揮し、魯西南と魯西北の両翼の連動発展を推進すること)情報技術産業集積帯を建設し発展する。5-10年の努力を通じて、山東を全国トップ、世界的に有名な次世代情報技術産業基地になれるように目指する。

世界の新高地

2022年まで、産業革新の基礎、資源、環境などを全面的に最適化され、革新体系全体の効果は著しく向上させる。情報技術産業の特許申請の総量、発明の総量は全国の上位に躍進して、年平均の増加速度は15%を上回って、基幹企業の研究開発経費の投入強度は6%を上回る。大手企業の革新とリードの役割を発揮し、集積回路及び新型半導体材料、ビッグデータ、クラウド計算、ハイエンドソフトウェア、工業インターネットなどの分野において核心技術を突破し、数多くの企業(産業)群を集め、育成し、ハイエンドサーバー、ハイエンドセンサー、着用可能のスマートウェア設備、工業インターネットプラットフォーム、ビッグデータ業界解決案、、工業核心ソフトウェア等は代表的、先導性のある製品を製造し、応用し。世界で競争力のある有名なブランドを形成しています。2035年までに、次世代情報技術産業はグローバル価値チェーンの中のハイエンドに向かって、全体的の革新レベルは業界のレベルと並行して、そしてリードするという戦略的転換を実現する。