徳洲

2019-11-29 20:35

都市の優位性

都の入り口、交通の中枢

·北京・天津・河北経済圏にあり、中国北方重要な交通中枢都市である。

·域内交通四通八达,京沪高铁与太青客专两条中国北方交通大动脉在此交汇。 可1小时上天(济南遥墙机场)、2小时入海(天津厝、青岛港)。
·地域内の交通はあらゆる方向に広がっており、北京-上海高速鉄道と太青旅客高速道路がここで交わっている。一時間で飛行機(済南遥墻空港)に乗り、二時間で船(天津港、青島港)に乗ることができる。

エネルギー新城、複数の産業パーク

·徳州市二つの国家クラスの開発区、11の省クラスの経済開発区は全て道路、給水、排水、ガス供給、電気供給、通信、ケーブルテレビ、セントラルヒーティングなどの付帯設備をハイレベルで実現している。

·プロジェクト用地は全て「土地規画、産業規画、建設規画」三つの規画の一体化を実現している。

金融新鋭、活力ある投資

·徳州は中国東部にある最も投資活力がある都市の一つで、生活と仕事に適した現代の新しい都市である。

·現在、徳州には16の銀行業金融機関があり、毎年、資本取引会議が開催され、取引額は1億元を超えている。

テクノロジープラットフォーム、人材育成基地

·徳州は北京・天津・河北地域にある重要な科技成果実用化基地の一つであり、企業技術センター、工事技術研究センター、工事実験室など科技人材プラットフォームを合計903ヶ所建設した。そのうち、国家クラスが28ヶ所、省クラス263ヶ所、市クラス612ヶ所ある。

発展の目標

国家『北京・天津・河北共同発展規画綱領』(中発[2015]16号)により、徳州は北京・天津・河北共同発展の示範都市として、北京・天津・河北産業の受け入れ、科技成果の実用化、品質良い農産物の供給、労働力派遣基地と北京・天津・河北南部の重要生態機能区という「一つの区4つの基地」の建設に全力を入れる。現在、徳州東部の都市部は国家「研究開発は北京・天津にあり、実用化は徳州でする」というプロジェクトの主な受け入れ地の一つである。

投資誘致ニーズ

ハイエンド設備製造産業

車のエンジン、ブレーキアセンブリなどの製品の認証機関とメーカー、船舶モーター、電子制御デバイスなどのコアコンポーネント研究開発機関と投資メーカー、フレキシブルなハイエンドNC工作機械と精密軸受の生産技術とメーカー、大・中型の耕うん機、大・中型のトウモロコシと小麦のコンバインハーベスターなど収穫機械の投資者、新型知能農業機械の国内先進技術および機械メーカー、国際先進掘削採掘技術および機器メーカー、インテリジェントエレベーター、遠隔制御システムなどの製品検査実験室及び機器生産メーカー、省エネ一般設備の投資者、大気汚染防止、固形廃棄物処理および廃棄などの環境保護設備の研究機構と製造メーカー、鉄道輸送とブリッジフレーム、ファスナー、ブレーキパッドなど鉄道交通主要設備のメーカー、工業用ロボット、特種ロボット、アプリケーションサービスロボットなどインテリジェントロボットの先進技術と生産メーカーが必要である。

生物技術産業

機能性糖質、食物繊維、ペプチドなどの機能性食品の先進技術と投資メーカー、新型ヘルスケア薬、抗感染薬、診断薬などの投資メーカー、新型遺伝子工学薬、バイオベースの化学薬などの技術研究開発研究所、バイオチップや人工血管などの加工生産メーカー、

バイオテクノロジー育種投資メーカー、農業動植物新種テクノロジーの研究開発とマーケティング担当者、バイオ農薬、有機複合肥料などの無公害農業生物製品加工メーカー、バイオテクノロジーサービス機関と主要実験室の育成、エンジニアリング(テクノロジー)研究開発実験室が必要である。

新エネルギー産業

風力タービン、機械駆動、運転監視などハイエンドファン製品の応用研究開発機構、

セルロースエタノールの研究開発機関、新エネルギー完成車の技術研究開発機関とメーカー、主要部品シリーズの製品技術インテグレーターおよびメーカー、地上熱源ヒートポンプエンジニアリングの国際先進応用技術と投資者が必要である。

新材料産業

半導体新材料の研究開発機関とメーカー、グラフェン応用研究開発機関とメーカー、生物医学材料の研究開発機関とメーカー、ナノ材料の研究開発機関とメーカー、エネルギー材料の研究開発機関とメーカー、新型建築材料(プレハブ建築物)国内の先進技術とメーカーが必要である。

次世代情報技術産業

もののインターネット、通信、放送、インターネットのネットワーク融合、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、集積回路、新型ディスプレイ、主要電子部品、新型半導体材料などの研究開発機関とメーカーが必要である。

重要産業

ハイエンド設備製造産業

情報技術と製造の高度統合を積極的に推進し、知能製造、無公害製造、サービス製造技術システムの構築を加速し、車両と船舶部品、NC工作機械、農業機械機器、石油機器、環境保護機器、鉄道輸送などの先進設備製造の市場競争力と完全生産能力の改善に努め、スマートロボット産業を配置し、全省重要なハイエンド設備製造基地を建設する。

生物技術産業

バイオテクノロジー産業の科技成果の実用化を促進し、生物製造、生物医薬品、生物農業などの産業の向上を加速し、バイオテクノロジーサービスを拡大し、バイオテクノロジーサービスの新業態を育成し、国家重要な生物産業基盤の構築に全力を入れる。

新エネルギー産業

太陽エネルギー機器とヒートポンプエアコンの開発に注力し、新エネルギー自動車を積極的に開発し、太陽光発電、風力発電、バイオマスエネルギーの発展をサポートし、「インターネット+」というスマートエネルギーの開発を拡大し、クリーンエネルギーの端末消費の割合を総合的に向上する。

新材料産業

航空宇宙材料、無機非金属材料、新型化学材料、特種金属材料、新型建築材料などの分野の開発に焦点を当て、新型環境に優しい材料、最先端の新材料の開発を拡大し、新しい材料をハイエンドの製造サプライチェーンに統合し、新しい材料産業を特色と優位性のある産業に育成するよう推進する。

次世代情報技術産業

電子情報製品、集積回路、ソフトウェア産業、情報サービス産業を積極的に開発し、ビッグデータ、モノのインターネット、人工知能などの産業チェーンを将来的にレイアウトし、次世代の情報インフラの構築を強化し、生産要素の割り当てにおけるインターネットの最適化と統合作用を最大限に活用し、インターネット経済という新しい空間を拡大し、ネットワーク経済と実体経済の相乗効果という発展パターンを基本的に形成する。

リーディングカンパニー

徳州元済紡績有限公司

徳州元済紡績有限公司は山東省徳州市の運河経済開発区にあり、1993年に設立され、台湾の裕隆企業グループ台元紡績株式有限公司によって投資され、設立された完全外資企業である。会社の総投資額は6048万ドルで、登録資本金2797.05万ドルである。従業員数は約1,000人、リング精紡21384枚、PICANOLレピア織機181台、狭幅織機18台、染色複合機1セット、24縄染線2本、加工機1セット、収縮機3セット、定型機3セット、シルケット加工サンダー1セットなどを備えて、紡績、製織、染色、仕上げ、後処理を統合した一体化企業である。ハイグレードとミッドレンジデニム生地を年間1800万ヤードで生産することができる。

国内の需要を満たすだけでなく、同社の製品は米国、日本、香港、ヨーロッパなどにも輸出されており、顧客から高い評価を受けている。2017年10月まで、営業利益62.9億元、納税額5億元、輸出によって得られた外国為替5.2億ドルに達することが実現された。

同社は高度な管理モードを採用し、ISO9001品質、ISO14001環境、OHSAS18001職業健康安全管理システム認証に合格し、企業管理の標準化と規範化が実現された。同社は、輸出入検査検疫局の「輸出工業製品企業の分類と管理一類企業」、中国出入国検査検疫協会の「中国品質信用度企業」、山東省の「文明信用トップ100台湾出資企業」、山東省の「トップ100台湾出資企業」「省エネ先進企業」、「環境に優しい企業」などの栄誉を相次いで獲得した。

アセアン国際生態城(Farlimグループ)

アセアン国際生態城は2010年山東省の主要な観光投資プロジェクトであり、マレーシアのFarlimホールディングスグループが150億元を投資して構築したプロジェクトである。アセアン国際生態城の計画面積は10平方キロメートルで、アセアンの特色のある観光リゾートエクスペリエンスセンターを中心として建設し、5つ星の温泉リゾートホテル、アセアンの本部拠点、アセアン商業貿易複合施設、アセアンスタイルの商店街、ハイエンドの国際生態健康住宅地、ヘルスケアサービスセンター、アセアン文化センターなどを付帯として建設する。生活、食事、娯楽、レジャーを統合した包括的な文化観光プロジェクトである。

山東Farlim観光開発有限公司はFarlimグループの全額出資子会社としてプロジェクトの開発と建設を担当する。プロジェクトのスタートエリア---- アセアンウィンドウの敷地面積は260ムーで、計画投資が25億元である。アセアンウィンドウは、アセアンの文化をキャリアとし、南北軸の連続性と東西水系の接続を強調している。軸対称のレイアウトが採用され、北部はアセアン文化センター、観光体験センター、国際貿易センターという3つの文化産業プロジェクトで、南部はアセアン居住環境示範区と付帯したアセアンスタイルの商店街のように分かれている。地面の総建築面積は約30万平方メートルで、地下の総建築面積は約10万平方メートルである。

現在、プロジェクトの第一段階が既に完了しており、ブルーホライズンホテルマネジメントグループに委託して試運転の準備を始めており、投資した金額は合計5億元に達している。