青島

2019-11-29 20:34

発展の優位性

チャンスに満ちいている沿岸都市

黄海の海岸と山東半島の南端に位置する青島市は、中国の沿岸地域の重要な中心都市である。2018年、海洋産業生産額は都市の総生産額の27.7%を占め、家電製品、電子情報、自動車および機関車の強力な産業基盤を備えている。

青島市には、ハイアール(海爾)、ハイセンス(海信)、青島ビールなどの国際的に有名な企業が数多くあり、中国の「ブランド都市」とも呼ばれている。

青島市は、144万の市場運営者、25カ所の大学、多くの研究機関、多数の起業および革新プラットフォームを備えた強力なビジネス環境があり、8年連続で「外国人材が選んだ中国の最も魅力的な都市」にランクインした。

優れた環境、発達した港湾

青島市は国際的な港湾都市であり、中国北部の重要な国際貿易港であり、交通の要衝であり、世界中の177の港に繋がることができる。

青島市は重要な航空ハブであり、現在192のルートがありますが、新しい4F級の空港は2019年下半期に転換し運行する予定である。

青島市は、ユーラシア大陸にまたがり、多くの国々に広がる陸上輸送ルートを有しており、国際的なマルチモーダル輸送ロジスティクスの統合ハブになるという生得的な条件を備えている。

歴史の都、旅行の名城

青島市は沿岸リゾート都市であり、国連によって最も住みやすい都市の1つとして評価されており、2018年には1億人以上の国内外の観光客が訪れた。

青島市は国家歴史文化都市であり、北辛文化などの古代文化遺跡や斉の長城などの史跡があるだけでなく、「世界建築展」として知られる八大開も山と海の美しい景色に隠されています。また、90の博物館は市をより文化的にしている。

青島市は近代文化に溢れたの都市であり、「世界のビール都市」、「世界のセーリング都市」、そして中国で最初の「映画都市」である。

高度な開放、国際と繋がる

青島市は高度に解放された都市であり、経済、貿易、文化、スポーツ、教育の分野で世界中の国々と広範な交流と協力を行っている。

青島市は、国際都市戦略を徹底的に実施し、外国人に対して144時間のビザなし滞在ポリシーを付与されている。世界216の国と地域と取引し、74の外国都市と友好関係を確立し、98の都市と経済提携を確立した。

青島市は、中国への外国投資を誘致するための強力な磁場となっており、フォーチュン500社のうち156社が青島の298件のプロジェクトに投資しており、フォーチュン500社の投資が最も集中している都市の1つとなっている。

発展目標

15の戦略

青島市は、習近平総書記の重要な指示「会議の開催と都市の活性化」の精神を徹底的に実行し、「15の戦略」を開始して、オープン・近代的・ダイナミック・ファッショナブルな国際都市の建設を加速させている。15の戦略は、海洋戦略、投資誘致より人材招致戦略、輸送インフラ建設戦略、軍民統合開発戦略、農村再生戦略、平度莱西を突破する戦略、国際海運貿易金融革新センター建設戦略、「ハイエンド製造業+人工知能」戦略、国有企業改革を推進する、民間経済を拡大する、科学技術より都市建設を牽引する、都市品質改善の戦略、国際ファッション都市建設の戦略、効率的な青島建設戦略、「安全な青島」建設戦略などがある。これら15の開発戦略の開発を通じて、青島市は高品質の開発の新しい道を歩んでいけるように努めている。

956の現代産業体制

青島市は、新旧の運動エネルギー変換の主要プロジェクトを出発点とし、省の「トップテン」産業に基づいて、青島の実際の状況に応じて、さらに洗練および強化し、「956」の近代的な産業システムを仕上げる。すなわち、近代海洋、スマート家電、鉄道輸送機器、自動車製造、近代金融、近代物流、近代観光、ビジネスサービス、ヘルスケアの9つの優位性と特色を備えた産業を強化し拡大する。「新時代の情報技術、バイオ医薬、ハイエンド装置、省エネルギーおよび環境保護、文化的創造」の五つの次世代未来産業をの育ちと拡大である。「ビジネスサービス、食品と飲料、繊維と衣服、機械と装置、ゴムと化学産業、現代農業」の6つの伝統的な柱産業の改革と改善である。

「956」現代産業システムに基づいて、優位性と特色を備えた産業のクラスター化とチェーン開発の推進に基づき、投資促進の方向と焦点において、次世代情報技術、生命健康、新エネルギー車、ハイエンド装置のコア産業クラスターと金融、物流、文化観光、商業などの主要産業クラスターの作成に力を入れ、「集積回路、新型のディスプレイ、スマート家電、人工知能、医療および医療機器、電気自動車、鉄道輸送機器、海洋工学機器、ロボット、ヘルスケア、金融、物流、文化的創造、旅行、卸売、小売」の16の主要産業チェーンに重点を置き、62の主要産業部門(分野)の企業誘致カタログを形成し、産業チェーン、専門化、社会化投資を実行する。

投資誘致ニーズ

優位性と特色を備えた産業のクラスター化とチェーン開発の推進に基づき、省の「トップテン」産業と青島市の「956」産業体制と組み合わせ、次世代情報技術、生命健康、新エネルギー車、ハイエンド装置のコア産業クラスターと金融、物流、文化観光、商業などの主要産業クラスターの作成に力を入れ、「集積回路、新型のディスプレイ、スマート家電、人工知能、医療および医療機器、電気自動車、鉄道輸送機器、海洋工学機器、ロボット、ヘルスケア、金融、物流、文化的創造、旅行、卸売、小売」の16の主要産業チェーンに重点を置き、62の主要産業部門(分野)の投資誘致参考カタログを形成し、産業チェーン、専門化、社会化投資を実行する。

重点産業

1,000億産業:地元での収入が1,000億元を超えた産業(六つ)

卸売業、家電製品製造、自動車製造

小売業、住宅建設業、不動産業

500-1,000億産業:地元での収入が500-1,000億元を超えた産業(六つ)

コンピューティング通信およびその他の電子機器の製造

鉄道輸送機器製造業

精製石油製品の製造業

農産品および副製品の加工産業

土木建設産業

化学原料と化学製品製造業

100-500億産業:地元での収入が100-500億元を超えた産業(27つ)

通貨および金融サービス

一般機器製造業

ゴムおよびプラスチック製品産業

卸売搬送および輸送の機関

金属製品産業

農業

鉄冶金および圧延加工業

水運業

専用機器製造業

非金属鉱物製品産業

繊維およびアパレル産業

アルコール飲料と精製茶の製造業

食品製造業

漁業

建築装飾産業

畜産

道路輸送業

人材サービス産業

基本的な電子部品と機器の製造業

建設および架設産業

送電配電と配信および制御装置の製造業

通信産業

文化、教育、工業、美術、スポーツ、エンターテイメント製品の製造業

ソフトウェア開発産業

ワイヤーおよびケーブルおよび電気機器の製造業

効率化と省エネルギー化産業

新エネルギー自動車製造業

省のトップ10産業と対応し、956産業クラスターの主要な発展を精査し、特定する。

9つの特徴的な産業クラスター:家電、海洋、鉄道輸送、自動車、金融、物流、ビジネスサービス、旅行、健康的な養老

5つの新興の産業クラスター:次世代の情報技術。生物医学、ハイエンド機器、省エネルギーおよび環境保護、文化的創造

6つの伝統的な柱産業クラスター:食品と飲料、子供用の織物、機械と設備、ゴム化学、現代農業、ビジネスサービス

リーディングカンパニー

ハイアールグループ

ハイアールグループは、より良い生活ソリューションの世界的な有名プロバイダーである。インターネットとモノのインターネットの時代に、ハイアールは従来の製造企業からウィンウィンのIoTコミュニティエコシステムに変革し、世界的に初めてIoTエコブランドを作成した。会社の創設者である張瑞敏は、取締役会長兼最高経営責任者を務めている。

ハイアールには、世界中に10のR&Dセンター、25の工業パーク、122の製造センター、106のマーケティングセンターがある。ハイアールグループは、ハイアール、Casarte、GEA、Fisher&Paykel、Candy、AQUA、Leaderなどのスマート家電ブランド、Ririshun、HaierConsumerFinance、COSMOPlat、ShunShoppingなどのモノのインターネットサービスブランド、ハイアール兄弟などの文化的創造的なブランドを所有している。モノのインターネットの時代に、ハイアールは、拡大するグローバルユーザーの個性的なホームサービスプログラムのニーズを満たすために、「スマートホームによってカスタマイズ」(より良い生活のためにカスタマイズされた家)の戦略的起源を中心に、食品のエコロジー、衣料品のエコロジー、住宅エコロジー、相互娯楽エコロジーなどのIoTエコシステムを構築している。

2019年BrandZ(ブランジー)による「世界で最も価値のあるブランドTop100」リストで、ハイアールは世界の権威あるブランドリストの歴史の中で最初で唯一の「モノのインターネットエコブランド」になりました。ハイアールグループの子会社として、ハイアール知能家電有限公司は、スマートファミリーエコブランドのグローバル化により、フォーチュングローバル500にランクインした。モノのインターネットの時代に、ハイアールのエコブランドとハイアールモデルは世界を牽引していく。

ハイセンスグループ

ハイセンスグループは1969年で創業した。ハイセンスは、産業構造の最適化を基づいて、技術革新を推進力とし、資本運用をレバーとし、持続的かつ健全な開発を維持し、「誠実、正直、実用、進歩」のコア価値観と「技術立社、穏健経営」の開発戦略を常に守ってきた。

ハイセンスは、ハイセンス電器とハイセンスホームアプリケーションの2つの上場企業を所有しており、ハイセンス、科龍、東芝テレビなどのいくつかのブランドを確立している。デジタルマルチメディア技術、インテリジェント情報システム技術、現代の通信技術、グリーン省エネ冷凍技術、都市スマート輸送技術、光通信技術、医療電子技術、レーザーディスプレイ技術に支えられ、マルチメディア、家電、ITインテリジェント情報システム、現代の不動産の産業構造をカバーしている。ハイセンスグループの4つの主要産業:マルチメディア産業、家電産業、ITインテリジェンスシステム、不動産、最新サービス。