ハイエンド化工

2019-11-29 21:03

一、産業の紹介
産業の規模

ハイエンド化学工業 産業の規模 山東は世界三大石油精製化学工業の産業クラスターの一つであり、石油精製の生産能力が2.1億トンに達する。安全性と環境保護への要求及び経済モード転換を背景として、山東は近年以来化学工業企業の廃業・生産停止・合併・業種転換を行い、化学工業産業の安全生産状況と主な経済指標が明らかに好転している。全省において一定規模以上の化学工業企業が2.85万億元の主要業務収入、1,647.7億元の利益を実現し、前年同期比それぞれ13.9%21.1%増である。
企業の発展

2017年に山東省の石油と化学工業企業トップ100の中、東明石化、万達ホールディングス、利華益、京博ホールディングスと海科化学工業が収入の1-5位にランクインされた。万華グループは第8位だが、全国唯一のイソシアン酸エステルシリーズ製品の自主知的財産権を保有する企業であり、その主要製品MDIの生産能力と市場シェア率も世界トップを取った。
発展目標 
基地化、チェーン化、AI化を方向に、革新を続けて安全、環境保護、品質と効能を連動的に発展させ、産業配置と製品構成の最適化を加速させ、ハイエンドの産業強省を作り出す。2022年に至って、ハイエンド化学工業の増加値が5,100億元に達し、地域総生産額の5.1%を占める目標を全力的に実現させる。
投資のチャンス

化学工業産業の技術イノベーションを拡大し、産業の整合を最適化し、パークの環境保護インフラの建設を強化し、循環化改造を繰り広げ、ゼロ排出を実現し、エコー化、規模化、集積化の発展を推し進め、上流・下流を含む全産業チェーンの協同革新能力を上げる。化学工業企業がパークに進出して集積的に発展するのを加速させ、条件を満たす重点石油化学工業パークで税関特殊管理区域を支持する。新型の石炭化学工業とファイン塩化学工業を最適化して発展させ、伝統化学工業産業のモード転換を推し進める。
産業の配置

ハイエンド石油化学工業産業基地:万華化学第一期年間110万トン 軽質の炭化水素分解でエチレン生産、万華化学ウレタン産業高付加価値延伸、南山グループエタン分解でエチレン生産などの重点プロジェクト。新型石炭化学工業産業基地:魯南ハイテク化学工業パーク、淄博斉魯化学工業パーク、臨沂陽煤恒通化学工業パーク、済寧新材料産業パークなど、菏沢石炭化学工業パークなど。新型塩化学工業産業基地:潍坊、煙台、東営、浜州、菏沢、聊城、徳州、泰安などの化学工業パーク

二、化学工業パーク

刁鎮化学工業産業パーク

2019年1月に山東省人民政府の認定を受け、済南刁鎮化学工業産業パークが省クラスの化学工業パークになる。当該パークの計画面積が15.74km2で、初期建設面積が6.51km2にし、化学工業新材料、バイオケミカル、医薬と中間体、ファインケミカル化学工業パークに属す。化学工業新材料(電子化学品を含む)、バイオケミカル、医薬と中間体、ファインケミカルという四つの主要な産業クラスターに重点を置いて発展させる。
商河化学工業産業パーク

2019年1月に山東省人民政府の認定を受け、商河化学工業産業パークが省クラスの化学工業パークになる。パークの計画面積が7.77km2で、現在開発済の面積が4.5km2にし、バイオ医薬類化学工業パークに属す。パークはバイオ医薬及びその他の低汚染、高付加価値のファインケミカル産業を発展の方向にし、ハイエンド化学薬品基地、新型薬品示範パークを構築する。