現代効率化農業

2019-11-29 21:03

発展の基礎
総合的生産能力

農業の総合的生産能力が全国で優位に立つ。山東は全国で率先して耕地品質向上計画を始め、土壌の復旧と改良、残留農薬の整頓、マルチシート汚染の防止、農作物のわらの総合的利用、家畜・家禽の排泄物の整頓、重金属汚染の復旧など六つのプロジェクトを実施する。
発展の原動力

農業発展の原動力が続々と向上する。山東の農業科学技術イノベーション能力が持続的に強化していて、農村総合改革が持続的に推し進められ、農業の対外開放程度もますます向上していく。
業態モード

新業態と新モードが速やかに成長している。山東の農業新型経営主体が成長していて、農産物の電子商取引、レジャー農業など新興業態が速やかに発展し、農業「新六産」(第一次産業の収益が1にすると、第二次産業で加工したら2になり、第三次産業のサービスとプロモーションによって3になる。三者を合わせてみれば6の収益を獲得する)が農業効能向上と農民収入増加の新しい注目ポイントになる。

戦略上のポジショニング
ブランドを作り出す

農業スタンダードブランド強省を建設する。農産物品質安全県の建設と「斉魯という山紫水明の土地に農産物ブランドを育成」ブランド牽引行動を全面的に推し進め、無公害農産物、安全食品、有機農産物と地理的代表農産物の発展を早め、農業標準化生産を力強くて推進し、農薬への監督管理を強化し、農産物品質安全トレーサビリティシステムを構築し、農産物品質・ブランド強省を建設する。70個の農業区域共用ブランド、500個の企業製品のブランドに重点を置いて育成する。
新六産

農業「新六産」発展の示範省を建設する。第一次、第二次、第三次産業の融合・発展のパイロット事業の実行を重点にし、力強くて農村新産業業態を発展させ、レジャー農業と農村観光、田園総合体、海洋生態牧場総合体、農業特色小町などのハイライトの育成を加速する。農業の「次から次と」のことを推し進め、全環節の向上、チェーンの全ての部分での価値増加、全産業間の融合を実現する。50の農業「新六産」示範県に重点を置いて建設し、600社の農業「新六産」示範主体を育成する。
AI農業

AI農業」応用先進省を建設する。農業知恵化の発展を推し進め、情報技術が農業生産、農産物の市場流通と安全監督管理においての広い応用を促進し、モノのインターネット、リモートセンシング、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの情報技術と農業との深い融合を推し進め、全国農業モノのインターネット応用示範省と知恵農業示範基地を創建する。
開放と発展

農業開放と発展の面で全国をリードする省を建設する。国家農業開放発展総合試験区の創建を重点にし、いくつの競争力のある多国籍農業企業・グループを育成し、農業対外開放メカニズムを健全化・最適化にし、農産物貿易の強省を建設し、山東の農産物の国際的影響力と競争力を向上させる。
重要な任務
農作物の栽培構造

食糧作物、商品作物、飼料作物の栽培構造を統一的に計画・調整する。食糧作物を穏やかに、商品作物を最適化に、飼料作物をより多くに栽培する要求に沿って、三者が調和的に発展する三元栽培構造の構築を加速する。食糧の生産を穏やかにするために、高品質の硬質小麦の栽培面積を拡大し、トウモロコシの種を適度に調整・減少し、高品質の食用大豆、イモ類、雑穀、雑豆の栽培を増加する。商品作物の品種と区域分布を最適化にし、主産地の野菜、果物、油料作物の栽培を強化し、商品作物の価値増加を向上させる。飼料作物の栽培面積を拡大し、草食家畜・家禽の優勢地域で全力で飼料トウモロコシ、ムラサキウマゴヤシなど高品質のまぐさ栽培を発展させ、高品質まぐさ栽培生産示範基地の創立を励まし、現代草飼料産業システムを育成する。
特色のある産業

規模を大きくして実力を強くする効率的な特色のある。各地域の独特な資源を踏まえて「有名・高品質・特別・稀有・新型」の商品作物を強力に育成し、雑穀雑豆、野菜果物、茶葉と桑、花と樹苗、食用キノコ、漢方生薬と特色養殖などの産業のアップグレードを促進し、幾つかの特色農業産業地帯と示範基地を作り出し、地方の名物と独特な品種を農民の収入増加を牽引する大産業にする。特色のある経済林などグリーン産業を強力に発展させ、林間キノコ栽培、林間漢方薬栽培というモードを広め、農業・林業の複合経営を推し進める。優勢のある特色農業の標準化生産、産業化経営、プロ化サービスを推し進め、幾つかの地理的代表農産物と原産地保護基地を建設する。
牧畜業の品質と収益の向上 
伝統な牧畜業の生産方式を改造して向上させ、規模化養殖を基礎とし、農業・牧畜業の結び合わせと生態循環を発展の方向とする、第一次、第二次、第三次産業が融合し合う現代牧畜業産業パークを建設し、現代牧畜業の発展の高地を創出する。標準化する家畜・家禽養殖場(区)、養殖場排泄物汚染処理施設を建設し、家畜・家禽養殖の廃棄物と農業生産の廃棄物などの総合的処置を強化し、県域内に統一的に収集・処置・利用する三階級ネットワークシステムを作り出し、家畜・家禽養殖の廃棄物の資源としての利用を推し進めることを加速する。現代家畜・家禽育種業、ミクロバイオ製剤、高効率・低残留動物用医薬品、グリーン健康飼料産業を強力に発展させ、牧畜業の発展上の新しい優勢を育成する。