臨沂

2019-11-29 20:35

発展の優位性 

臨沂市の発展のモード―臨沂モードは全国に名を馳せる。

臨沂モードとは山東省臨沂市が思想を開放し、発展のチャンスを握り締め、既存条件を十分的に利用し、絶えずに新たな発展の優勢を創出すること。その特徴は「政府が有為、民営が主導、大都市(都心部)が原動力として、産業級ターが牽引、文化で推し進める」。臨沂市が工業化、都市化、市場化への転換を実現した。

「臨沂モード」には「蘇南モード」の政府の強力的な介入プラス資本の動作特徴及び「温州モード」の「小商品大市場プラス民営」の特徴を集中させた。「温州モード」、「蘇南モード」、「珠江モード」と一緒に我が国の快速のモード転換期の四大発展モードと併称し、北方地区、未発達地区と中国の革命老区における特色のある発展の範例になる。

多方面での業績のおかげで臨沂の速やかな発展を成就させた。

都市の概況

文化の古町、元革命区

・2,500年前に城が建設され、『孫子兵法』、『孫膑兵法』の発掘場所であり、諸葛亮、王羲之、顔真卿などの人物が生活していた場所でもある。

・ここは山東省戦時工作実行委員会、劉少奇、陳毅など前世帯の無産階級革命家もここで戦いと仕事をしたことが有り、紅嫂沂蒙、六姉妹など模範的な先輩人物が湧いてきた場所でもある。

豊かな資源を保有する都市、観光の聖地

・八つの特色基地と野菜、果物という二つの優勢産業、鉱産物資源が豊かで、発見且つ埋蔵量を探査済みの鉱産物が78種類がある。

・国家5A級観光地蒙山、延長3,800mの莒南天然臥仏、数多くの名勝古跡と観光地がここにいる。

・全市の森林率が35.6%で、建設済みの都心部の緑化率が42.1%に達する。

商業貿易の名都市、生態良好の水上都市

・現在134箇所の専門の卸売市場があり、影響力が全国に及ぼし、商品が120カ国と地区に進出する。

・19箇所の物流(ロジスティクス)園区と2,000あまりの物流ルートがある。

・48km2の水面をもち、「六つの川が貫通し、八つの川が都市を取り囲む」という水上都市の景観を形成する。

中枢都市、交通便利

・鉄道の要衝兖石、膠新鉄道線の交差点に位置する。便利な高速道路五つの高速道路が都心部を囲み、三大港との距離はすべて100km前後で、青島港までは150kmで、既に28の国内と国際空港線を開通した。

産業の基礎

先進装備製造

臨沂市のハイエンド装備産業製品が工程機械、農業装備、自動車、NC旋盤・専用装備などに及ぼす。その中、工程機械、農業機械、庭園機械などが国内・国際市場でより多くの影響力があり、積載機、掘削機の国内市場にそれぞれ19%、9%を占める;庭園植物養護用機械製品の国内市場に60%以上を占める。42社の工程機械企業、34社の付帯産業企業、主に積載機械、掘削機、ローラー、クラッシャー、攪拌機などを製造する臨工機械、山重建機、ボルボ、柳工機械、Carter重工などの有名企業がここにいる。成型生産企業の23社の交通輸送装備企業(自動車製造業)、18社の付帯企業、5社のハイエンド農業機械装備企業がここにいる。油圧シリンダー、油圧バルブ、自動車部品、軸受、金具、知能水道メーター、農業機械、庭園機械、板材機械、レンガ製造など県域特色のある産業級ターが既に規模が形成される。

現代高効率農業と食品加工

臨沂市級以上の産業化リーディングカンパニーが700社があり、なかに国家級のが4社、省級のが64社、市級のが632社がある。全市において32箇所の農業標準化基地、64箇所の市級現代農業標準園、10箇所の生態循環農業示範園区を有する。市内において1,600社の農業専門合作社、1,700社の家庭牧場が新たに登録した。蘭陵国家農業公園臨沂国家農業科学技術園区、莒南国家農業科学技術園区など国家級の農業プラットフォームが順調に運営していて、沂南県朱家林が全省唯一の国家級田園総合体建設試行モデルになる。

新材料

臨沂市の一定規模以上の新材料産業企業が500社あまりに達し、おもに金属新材料、食品新材料、陶磁新材料、新型建築材料、新型化工材料、電子情報材料など六大種類の業種を含む。その中、魯洲生物が国内における澱粉生産の一番規模が大きな企業、市場占有率と輸出貿易金額が一番高い企業である。莒南阜新黄の原膠生産高が世界1位である。東岳建材が毎年30万m3の壁材を生産し、国内で一番大きいな規模をもつ。山東玻繊のガラス繊維のシリーズ製品の占有率が全国同業種で第4位、中鹸のガラス繊維の生産能力が国内第1で、国内40%の市場を占める。宏芸科技のシリーズ製品の生産高が国内同業種でのトップ1である。

建築材料

臨沂市は現在沂州集団、中聯セメント、山水セメント、山東玻繊、天元建設、立晨集団など有名ブランドを有する企業がある。天元、冠魯が山東省の建築業の一流企業として、建材製造の製品がおもにセメント、建築用陶磁、ガラス、石材、石膏などを含む。羅庄区が中国国内での重要な建築陶磁生産基地、平邑県が中国の花崗岩、石材の都、沂南県が中国珪砂の都である。

医療・ヘルスケア・健康

臨沂市には1,976箇所の医療衛生機構があり、基本医療衛生サービス、中医薬サービスの対象はすべての農村と都市の居民をカバーする。全市の衛生と健康事業が持続的に発展していて、居民の健康素質が向上しつつある。76箇所の医療・養老一体化養老機構、356箇所のコミュニティ老人日間看護センター、1,266箇所の農村幸福院があり、12349在家養老サービス情報プラットフォームが既に12の県をカバーし、在家を中心とし、コミュニティをベースとし、機構を補充にし、医療と養老を一体化にする養老サービスシステムを基本的に建設した。

文化観光

2018年に臨沂市の観光客接待人数が7,343.5万人数に達し、782.9億元の観光消費総額を実現し、既に省内、蘇豫皖、京津冀、長江デルタとの四大地域をカバーする半径600km2の集客対象地域を形成し、「緑色沂蒙、紅色風情、文武両道、地質奇観、水城商都、温泉養生」との六大観光製品システムを構築した。

現代商業貿易物流

临沂市各类商品交易市场近800个,临沂商城专业批发市场101个,日客流量30万人次,经营6万多个品牌,2014年交易额2687亿元。 电子商务中小商贸企业发展到4000多家,独立网上零售电商2.7万个,电子商务交易额约150 亿元。
臨沂市には800箇所の各種類の商品取引市場、101箇所の臨沂商城専業卸売市場があり、一日あたりの客流量が延べ30万に達し、6万を超えるブランドの商品を経営して2014年の取引金額が2,687億元に達した。電子ビジネス取引において零細の商業貿易企業が4,000社あまりまで発展し、独立の小売ネットショップが2.7万軒であり、電子商取引の取引金額が約150億元がある。

高端化工
ハイエンド化学工業

臨沂市には現在金正大、スタンリー、金沂蒙施可豊などの有名企業と国家級企業技術センター、国家SRFs工程技術センターを有し、化学肥料、石油化工、生物化工、塩加工などの業種をカバーし、全国の高品質複合肥料の生産基地で、複合肥料の生産高が全国の四分の一以上がある。

情報通信技術

臨沂市は既に電子部品、半導体証明(LED)機材、磁性及び電子材料などを主とする情報製造業製品システムソフトと情報サービス業製品を形成し、製品が電子政務、医療、交通、エネルギー、通信、工業制御などの領域をカバーする。国家級臨沂ハイテク産業開発区、国家級臨沂経済技術開発区という二つの主な集積園区、産業発展のプラットフォームを形成した。ハイテク区には90数社の各種類の情報企業、20社の一定規模以上の中堅企業がある。魯南中印(国際)ソフト園、ファーウェイビッグデータセンターを中心とし、机客科学技術鑫城臨沂中関村ソフト産業基地を頼りにして速やかに発展する経済技術開発区ソフト園には80数社の各種類の情報企業がある。

現代金融

臨沂市は全力でおもに融資・投資、預金、貸付決算、証券売買、商業保険、担保、金融情報諮問などのサービスに関する産業を含む現代金融サービス業を発展している、。銀行、証券、保険業の組織体系及び金融監督管理体系が初歩的に設立し、小口ローン、民間融資、融資性担保会社を主体とする新興金融業態が速やかに発展し、数多くの有名企業の区域性本社が臨沂に進出した。金融サービス業は銀行、証券、信託、保険という四つの部分に分かれる。金融、保険業は中央銀行、商業銀行、そのたの銀行、信用合作社を含む。

発展の方向

先進装備製造

「一帯一路」沿線国家の市場の需要を狙って、国家級液圧部品及びシステム産業集積地試行機構という「黄金の看板」を活かし、自動車、工程機械、油圧部品、エンジンなどコアな部品の生産企業を積極的に導入する。規模化とハイエンド化の結び合いを堅持し、成型と付帯部品生産の結びつきを発展させ、産業の集積度の向上を中心に、自動車、工程機械、農業・林業機械、NC旋盤、精密鋳造、液圧部品など付帯部品産業を全力で作り出し、全国一流のハイエンド装備及び付帯産業基地を創出する。

現代高効率農業と食品加工

農業供給側の構造改革を深め、新型農業経営主体に力を入れて育成させ、利益連結メカニズムを完備させ、新技術、新業態、新モード、新産業の育成を速め、産業チェーンの統合、価値チェーンの相乗、供給チェーンの貫通という「三つのチェーンの再構築」を促進し、現代農業と第二次、第三次産業の融合発展と現代産業の新体系を力を込めて構築する。

新材料

産業発展の基礎を踏まえ、鉱産物の資源優勢を頼みとして、イノベーションプラットフォームの建設を媒体として、鍵となるコアな技術を研究開発の原動力として、重点領域の新材料を突発のポイントとして、鉱産物資源の転化を現実生産力の着力点として、国内外の大手企業とグループ、リーディングカンパニーを狙って外資の誘致に力を入れ、新材料産業のアップグレードと発展を目標にし、新材料産業をほかの産業の推進剤と加速器として発展させる。

建築材料

グリーン発展、イノベーション発展、規模化発展、ハイエンド発展の趨勢に順応し、技術進歩、二つの「化」の融合、省エネと排出削減、総合的利用を強めに推進させ、建築建材産業の更なる加工と産業のクラスター化の発展を促進させる。建築建材工業ビッグデータ分析に基づく技術向上、知能化排出削減、プロセス制御の最適化、エネルギー消耗の最適化など知能化戦略決定と制御応用を発展させ、建造の新技術の開発研究と応用を早める。

医療・ヘルスケア・健康

「健康事業、健康産業」の二つの翼の連動をコアとし、「健康プラス」の融合・発展を突破口にし、衛生と健康領域における新技術の応用、新業態の育成、新産業の派生を加速させる。「酸素が溢れる山、水治療法の聖地、養老と居住に適宜な都市」の建設という医療・健康産業のポジショニングをめぐって、養老サービス、リハビリ観光、中医薬養生、健康生産貿易の五大業態に力をいれて発展させる。

文化観光

豊かな文化観光資源を基礎とし、商業貿易産業の優勢を発揮し、「観光による都市発展」の戦略の実施を深め、観光休暇区、観光特色小町などの観光集積区に重点を置いて発展させ、「家庭絆の沂蒙」というブランドを向上させ、資源統合、産業融合、共同建設・共同享受の都市全体観光発展の新局面の構築を早め、臨沂を全国総合性観光目的地及び一定の影響力のある国際観光目的地都市に建設する。

現代商業貿易物流

「商業国際化」の建設速度の向上、国内外の有名のリーディングカンパニーの誘致をめぐり、資源統合、容量拡大、品質向上を重点として、プロ市場の建設程度、運営管理の程度と影響力を強力に向上させ、臨沂商城が国内貿易から国内外貿易の調和的発展への転換を推し進める。商業貿易業と物流業の融合発展を促進し、重点的な物流園区、物流リーディングカンパニーを頼りにし第三者物流、コールドチェーン物流を強力に発展させ、「零担」物流を向上させ、国内外現代物流業の発展の重要なノードと物流園区配置都市を作り出す。

ハイエンド化学工業

グリーン加工、ファインケミカル、生物化工、新型肥料、新エネルギー合成を発展させ、石油化工、石炭化工、塩加工などの産業チェーンを伸ばし、加工産業を安全且つ清潔、グリーンと低炭素、集積化、革新と高効率の特徴のある中堅産業に育成する。産業チェーンによる投資誘致、企業の再編、戦略協力などの形を通じて、ハイエンド肥料、新型石炭化工、生物化工、高分子材料、省エネルギーと環境保護技術などの領域の競争力を向上させる。

情報通信技術

園区集積を基礎として、産業チェーンの完備と構築を支えとし、大手企業とリーディングカンパニーの誘致、既有企業の育成を主体にし、電子情報製造業、ソフト産業、情報サービス業と三大産業の規模化、ハイエンド化発展を推し進める。マイクロエレクトロニクス、センサーVRデイスプレー、ハイエンドストレージ、AI、基礎ソフト、量子計算、クラウン計算、ビッグデータ、知能化都市、情報安全地理情報、「インターネット+」生態の建設を推進する。

現代金融

有名の大手企業を誘致し、銀行業をリーディングとする業態にし、証券、保険業を支えにし、信託、基金と新興の金融業態をサブとする現代金融体系を構築し、より多くの資金を誘致する;我が市の貿易と物流が発達しているメリットを踏まえて、金融製品のデザインと支払方式を革新し、現代金融サービスアウトソーシング、物流と供給チェーン管理・サービスなどのポテンシャルの大きな現代サービス業の融合的な発展を実現する。同時に、現代金融サービス業を頼りにして企業決算センターを導入し、企業マーケティング総部、貿易総部、金融総部の本市への進出を促進し、実体経済の発展を助力する。

リーディングカンパニー

山東華星工程機械有限会社

山東華星工程機械有限公司は1987年に成立され、いま1,800人のスタッフが有し、一年あたりの販売高が20億元に達し、国内の大型工程機械部材メーカーである。主な製品は掘削機、積載機、ローラーなどの各種類の工程機械部材であり、一年あたりの生産高が8万セットに達し、おもに山東臨工、ボルボ、Liebherr、Manitowocなど世界級の有名ブランドに付帯製品を提供する。製品がアメリカ、カナダ、オーストラリア、フランス、インドネシア、ベトナムなど世界多くの国家に輸出し、製品の品質が好評を受けた。2018年に60.4億元の工業総生産を完成し、同期比6.5%増であり、59.5億元の販売高と3.7億元の利益を実現した。

山東莱克科学技術有限会社

莱克会社は中国自動車工業最大の付帯品メーカーの一つであり、一汽グループ、東風グループ、上汽グループ、中国重汽、北汽福田、江淮自動車、金龍客車など40数社の自動車メーカーに新車出荷の初回用油品及びアフターサービス用油品のサプライヤーと指定されている。

莱克公司は自動車ブレーキフルード国家標準の起草側として、率先して国内外の自動車用油品市場に名を馳せ、人民の生命財産に緊密に繋がる莱克「901」自動車ブレーキフルードを開発し、当該製品の市場占有率が50%に達する。