煙台

2019-11-29 20:35

発展の優位性

近代工業の発祥地

·中国北方で最初に開港した都市の一つで、近代工業発祥地の一つである。

·1892年、愛国華僑張弼士は「実業興邦」の理念を持って、「張裕」ワイン会社を設立した。

·1915年、中国初の鐘工場「北極星」ブランドが時代の流れに応えて誕生した。

·1930年、ロックブランド「三環」は中国初のロック工場の程明ロック製造工場に誕生した。

投資生産額がトップレベルに達す

·2018年、国内総生産額は7833億元で、全国の地市級都市の前列に立ち、全省で第3位となった。

·工業総生産額は1.04兆元で、国内外に上場した企業は47社、48株があり、全省の第一位となった。

·フォーチュングローバル500企業の100社以上が煙台で投資し、事業を展開し、累計外資は368億ドルに達した。

独特な位置優位

·煙台は山東半島の中心都市の一つで、環渤海地区の重要な港湾都市である。煙台は環渤海経済圏内の重要ノード都市である。

山東半島藍色経済区の中堅都市で、中国初の14の沿海開放都市の一つで、中国の海浜都市である。

アジア唯一の国際ブドウ・ブドウ酒城、「一帯一路」の国家戦略の重点的に建設する港湾都市である。

全国文明都市、中国の有名な「雪の巣」である。

文明と経済の同時発展

·煙台は全省で唯一、全国で唯二つの文明都市「五連覇」を獲得した地級市である。

第三グループにある国家新型都市化総合試験地区です。2018年、煙台市地区の総生産額は7832.58億元に達しました。

·2018年に中国都市ランキングトップ100で24位、全国都市GDPランキングトップ100で19位、中国都市全面小康指数で上位100位、中国大陸で最優秀の地級都市で8位となった。

発展目標

先進的な製造業、新エネルギー自動車、宇宙航空、海洋工学装備、原子力発電設備、医薬健康、新材料、知能ロボット及び情報技術、ビッグデータの発掘と応用技術を重点的に発展する。

近代的な海洋産業の生産額は3300億元を突破する。

全市の装備製造産業の生産額は5000億元に達す。

売上高が千億元超えの企業を1社、100億超えの企業を2社育成する。

ハイエンド化学工業の生産額は2500億元に達す。

文化創造産業の増価が600億元を実現し、観光売上高は1600億元を実現する。

全市の医療・ケア・健康産業の生産額は1100億元に達す。

全市の社会物流総額は3.3兆元に達す。

中国の重要な現代高効率農業モデルエリアを構築しする。

投資誘致ニーズ

一、現代の海洋産業。煙台は半島の都市として、煙台は230余りの島があり、1038キロメートルの海岸線を持ち、2.6万平方キロメートルの海域、管轄している16個の県と市の中の多数も海に臨む。独特な自然環境によって、煙台の海洋経済はずっと中国の先頭に立つ。2018年、全市の海洋経済の総生産額は2230億元に達し、11%を伸びた。近年、煙台は海洋装備製造産業の優位性を発揮し、海洋牧場の建設を積極的に推進し、7つの国家レベル、16つの省レベルの海洋牧場示範区を創建しました。面積は100万ムーを突破した。中国のトップとになり、世界先導技術を持っている東方海洋集団、世界最大の油田増産設備メーカーの傑瑞石油集団など有名な企業がある。2022年まで、全市の現代海洋産業の生産額は3300億元を突破すると計画している。

二、装備製造産業。煙台市には規模以上の装備製造企業が700社あり、昨年、主営業務の売上高は2000億元を超えた。その中、中集来福士海洋工程有限公司が自主設計・建造した、世界最先端の超深海ツインドリルタワー半潜水型掘削装置「藍鯨1号」は中国の優秀な工業デザイン金賞を受賞し、蓬莱中柏京魯船業が自主開発した新型の遠洋漁船が国内の空白を埋め、上汽通用車は通年で40.4万台、エンジン49万台、トランスミッション68.2万台を生産し、南山集団は、米ボーイング社のハイエンドのアルミニウム材料サプライヤーとなっている。2022年までに、全市の装備製造産業の生産額は5000億元を突破すると計画している。

三、電子情報産業。煙台市はすでに売上高が1000億元越えの電子情報企業を1社、100億元超えの企業を2社育成し、携帯電話、ゲーム機、ケーブル、知能計量、電子部品などの製品クラスターを形成していた。人工知能分野では、煙台市人工知能研究院を設立し、人工知能産業園を建設する計画を立て、人工知能分野において、最優秀な人材を集め、2年連続で国際人工知能サミットを開催している。2022年まで、全市の電子情報産業の生産額は3000億元に達し、人工知能、装着可能の設備、集積回路、新型工業ソフトなどの次世代情報技術産業を重点的に発展させると計画している。

四、ハイエンド化学工業産業。煙台市は既に基礎化学原料製造、合成材料製造などの多業種産業体系を形成しており、世界最大の生産能力を持つMDIサプライヤーの万華グループ、山東省タイヤ生産能力の最大企業「玲瓏タイヤ」を持っている。煙台化工産業パークなど五つの重点化学工業パークと建設しており、山東省も総生産能力が4000万トンに達する煙台裕竜島の精製一体化プロジェクトを全力で推進している。それによって、国際一流のハイエンド化工新材料と精密化学品研究開発製造基地を構築し、2022年まで、全市のハイエンド化工産業の生産額は2500億元に達せるように努める。

五、文化観光産業。煙台は中国歴史文化名城、優秀な観光都市である。現在、総投資額が430億元の海上世界、総投資額が1000億元の恒大童世界などの大型旅行プロジェクトの建設を加速している。次は特色のある文化観光資源を統合し、国際的に有名な文化観光都市を作る。2022年まで、文化創意産業の増加額は600億元に達し、観光消費総額は1600億元を実現する予定です。

六、現代物流産業。製造業の盛んな発展と特殊な地理的位置によって、煙台を「フォーブス」誌が発表した中国の最も物流の発展に適した都市の一つにした。2018年、全市は社会物流総額2.3兆元に達した。現在、煙台国際総合物流パーク、山東済鉄煙台物流パーク、煙台国際保税物流パークなど五大物流パークの建設を進めて、深国際煙台総合物流港、煙台伝化知恵物流科学技術城など十大物流センターを建設しています。煙台の蓬莱国際空港の第二期、煙台港の西港区、環渤海高速鉄道など一連の重要な相互接続工事を実施し、海陸空の効率的な物流システムの整備を加速し、東北アジアに向けた現代物流センターを建設する。2022年までに、全市の社会物流総額は3.3兆元に達すると計画している。

重点産業

現代海洋産業。煙台は海工装備産業の優位性を固めて、中集来福士を頼って、積極的に中国海工集団の創立に参与して、中国海工北方センターを煙台に定住させるために努力して、新型の遠洋漁船の装備の研究開発、製造を加速して、全国の重要な海工装備の城を建設する。

装備製造産業。煙台は上汽通用CVTトランスミッション、南山ハイエンドアルミなどのプロジェクトを重点的に推進し、新エネルギー自動車、通用航空など戦略的新興産業の配置を加速し、重点プロジェクトの着地を推進し、国内一流のハイエンド装備基地を建設する。

電子情報産業。次世代情報技術産業の発展動向に着目し、情報化と製造業の融合を推進し、ビッグデータ、人工知能、バーチャルリアリティーなどの先端産業の配置を加速し、フォックスコン半導体などのプロジェクトを重点的に推進し、国内の重要な消費型電子製品研究開発製造基地を建設する。

ハイエンド化学工業。煙台は万華二期エチレンプロジェクトの建設を推し進め、一日も早く生産を開始するよう努力する。積極的に山東地方製油所の再編に参与し、万華裕龍煉化新材料プロジェクトの展開と建設を目指し、重大なプロジェクトで新たな優位性を創出する。

文化観光産業。煙台は「仙境海岸・鮮美煙台」という都市観光ブランドを作る。避暑、レジャー、浜海リゾート、文化観光、農村体験をめぐって、馬島、芝罘島、崆峒島などの海島観光を統合し、ワイン文化観光などの特色ある観光ブランドを形成し、重要な文化旅行プロジェクトの建設を加速し、長島国家級観光リゾート区を創建し、観光型からレジャー型への転換を推進する。

医療・ケア・健康産業。医薬研究開発公共サービスプラットフォームを建設し、東方海洋精確医療科学技術園、産業達国際バイオ医薬革新孵化センターなどのプロジェクトを推進し、国際生命科学革新モデルエリアを構築する。

現代物流産業。煙台は近代的なサプライチェーンの物流を発展し、宝能煙台国際物流センター、伝化知恵物流科技城、竜口港知能倉庫センターなどのプロジェクトを推進し、星付き物流企業(パーク)2社を新たに増加し、社会物流総額は全省のトップになる。

高効率農業産業。煙台は知恵農業の発展を加速し、市級以上の現代農業産業パークと田園総合体を8つ新たに認定し、家庭農場160軒、農民専業合作社500社を新たに発展し、特色のある小鎮、康養基地、「電気商村」などの新業態を積極的に発展する。

リーディングカンパニー

インスパーLGデジタル移動通信有限公司

インスパーLGデジタル移動通信有限公司は2002年1月26日に設立され、登録地は山東省煙台市経済技術開発区長江路228号で、法人代表は李凱声である。経営範囲はCDMA(符号分割多元接続)携帯電話、GSM携帯電話、スマート腕時計、モデム、モバイル情報端末技術及びその他関連製品の研究開発、生産、販売及びアフターサービス及び上記製品及び関連部品、付属品の卸売及び輸出入業務を含む。(法により承認が必要な項目は、関連部門の承認を得てから経営活動を展開することができる)インスパーLGデジタル移動通信有限公司は2つのブランチを持っている。

LGディスプレイ(煙台)有限公司

LGディスプレイ(LGDisplay)は韓国LGグループに属し、1985年に設立された時は「金星ソフトウェア」と呼ばれ、2008年に現行の社名に変更しました。LGDは世界一流のディスプレイ装置グループで、世界第二位の液晶ディスプレイメーカーです。この業界で唯一の第二世代から第八世代までの8種類パネル製造ラインを持つ会社である。つもり、同社は薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ(TFT-LCD)パネル、OLED、flexibleディスプレイの先頭メーカーであり、サプライヤーでもある。主にテレビ、モニター、ノートパソコン、携帯電話などさまざまな用途、サイズや規格に使われるTFT-LCDパネルを製造している。LGディスプレイ(LGDisplay)は継続的な研究開発と投資を通じて、高画質ディスプレイ技術分野において、他社が比べるものにならない技術実力がある。また、3Dディスプレイ、3重構造の液晶パネルディスプレイ、タッチパネルなどのユニークな技術で先端ディスプレイ時代を開いた。LGディスプレイ(LGDisplay)の目標とビジョン:世界第一のディスプレー会社(World’sNo.1displaycompany)になります。会社は顧客と株主、人材を最高価値とし、着実に世界一に向かって進んでいる。LGLGディスプレイ(LGDisplay)は中国で3つの工場があり、それぞれ南京、広州、煙台に設立された。2010年5月1日、LGディスプレイ(煙台)有限公司が正式に設立された。今、煙台工場は、高尚な理想を持つ人々の加入を期待している。あなたがこの団結、前向きのエリートチームに参加することを望んでいる。会社とともに成長し、成熟へ歩んでいきましょう。