棗庄

2019-11-29 20:35

発展の優位性

将来性があり、歴史が悠久

・北京と上海の中点に位置する棗荘市は魯南経済帯と淮海経済区で最も活力と将来性のある都市の一つである。

・棗荘の交通ロケーションは独特な優位を備え、京杭大運河と複数の鉄道が市内を通過するなど、棗荘を東西南北を結ぶ肝心な地域にしている。

・悠久な歴史と燦爛な文化を有する棗荘は多くの有名人を輩出した上、その自然も豊かで美しい。

・世界一の崮(周囲が険しく頂上が平らな山)——抱犢崮国家森林公園と中国初の海峡両岸交流基地の台児荘古城などを有する。

基礎が強固、産業パーク

・装備製造、化学工業、建築材料、紡績、ガラス製品、農産品加工等の在来産業は強固な基礎の上に立っている

・棗荘は国内重要な新型化学工業基地として複数のコア技術を掌握しており、業界生産額も連続してアップしている。

・1つの国家級先端技術産業開発区、6つの省級経済開発区

・4つの省級化学工業産業パークと1つの国家級文化産業モデルパーク——台児荘古城文化産業パーク

水資源豊かな地域、産業移転

・中国北方の水資源豊かな地域で森林被覆率が省の平均水準を遥かに上回る。

・国家庭園都市、国家森林都市、国家衛生都市の建設に成功している。

・棗荘市は京沪線線路上重要なノード都市で、市内には5つの列車駅がある。

・棗荘は中国市場を開拓するためのファーストチョイスと産業移転を請け負う為の重要地域である。

コストの優位、自然資源

・棗荘は労働力資源が豊富な上そのコストも沿岸部より低い。

・108.4キロの京杭大運河棗荘市内区間は水路運輸のコストを低減する。

・国家農村改革実験区として棗荘は国内高品質商品食糧と特色農産品加工基地になっている。

・棗荘は鉱物資源が豊かという天から与えた有力条件を備えている。

発展目標

新興産業を育成し発展させる

次世代情報技術産業。ビッグデータとクラウドコンピューティングを発展させて積極的に国家ビッグデータ綜合実験区を建設する。「インターネットプラス」行動を推し進め、イノベーション産業クラスターの構築に努力する。高性能集積回路産業を育成し、情報技術核心産業を強化する。ソフトウェア研究開発公共プラットフォームをレベルアップさせて先端ソフトウェア体系を構築する。

先端装備。先端NC旋盤。ロボット製造業。3Dプリンティング。

新エネルギー、新材料。リチウム電池利用の新エネルギー製品の代替わりを推進する。リチウム電池産業チェーンを補足しながら強化する。リチウム電池産業の科学技術イノベーション能力を高める。光ファイバー・光ケーブル等の新材料産業を大きく力強く発展させる。新材料技術のイノベーションプラットフォームを構築してその成果の運用と産業化を促進する。高性能複合材料を開発する。紡績新材料を改善して発展させる。

医療養生健康。医療養生の融合発展を促進する。山東省南部山地生態資源の優位を十分に発揮して健康医療と養生養老の融合発展を推進し漢方医薬健康旅行商品の新たな発展を遂げる。「インターネット+医療養生健康」の融合発展を推進する。多元化産業態勢の発展を育成する。医薬工業の発展レベルをアップさせる。医療器械の産業化水準を高める。

省エネと環境保護。高効率省エネ、環境保護、資源の循環利用といった三つの産業を重点的に発展させる。リーディングカンパニーの引率を参考にしながら独自の発展方法を探し出す。

現代物流。区域性内陸河川水上運輸センターを作って物流体系のプロ化・集中化発展を推進する。物流情報プラットフォームを構築して物流体系の情報化、標準化を推進する。物流公共情報プラットフォームの建設を支持し、情報発表、情報査問、綜合サービス等の機能を完備させ、物流業務ブロードバンド情報ネットワークと大中型企業物流情報ネットワークを建設する。自動車道路、鉄道、水路を利用したマルチモーダル物流の発展に力を入れて推進する。棗荘鉄道物流パークをベースにして自動車道路、鉄道、水路を利用したマルチモーダル物流体系の発展に力を入れて推進する。

投資誘致ニーズ

石炭化学工業及びファインケミカル類

エポキシエタン誘導体ファインケミカル製品年産5万トンプロジェクト、薛城化学工業産業パーク等

新型建築材料類

ガラス創業パーク高品質ガラス精製加工プロジェクト、アルミプロファイル生産ライン建設プロジェクト等

装備製造類

山東永楽機械製造プロジェクト、9万トン年産の精製鋳造物件生産ラインプロジェクト等

設備製造プロジェクト

高精度ショックアブソーバー部品産業化プロジェクト、高速流体羽根車製造プロジェクト等

紡績服装類

恒達無布紡績エコ包装生産ライン建設プロジェクト、織物6万錘生産建設プロジェクト等

現代農業類

滕翔農産品仕上げ加工プロジェクト、醸成醤油と食用酢9万トン年産量の生産ライン技術改造プロジェクト等

戦略的新興産業類

新型エコ生物液状マルチフィルム150トン年産プロジェクト、孵卵器2.0科学技術イノベーション産業パークプロジェクト等

現代サービス業

嘉誉青年創業パーク、山東世茂安全食品品質検査センター及び市場特別供給投資誘致プロジェクト等

重点産業

化学工業。主にタバコフィルター、アセテート絹織物、工事プラスチック、石炭加工エネルギー、医薬中間体、保温繊維複合材料、高純度電子化学製品、高性能水処理などの分野。

装備製造産業。先端NC旋盤、智能鉱山設備、化学工業機械設備、製紙機械設備、広告設備、暖房設備、先端紡績捺染設備、特殊バルブなどの特別設備を中心とする。

先端装備産業。航空産業、軌道交通装備業や智能製造設備などを巡り、NC化、特色化を発展方向にする。基礎の優位を発揮し、基幹技術とコア部品の難関を突破し、綜合集成レベルを高め、エンジンブレード研削陣列旋盤、緻密微小型複合センター、工業ロボット基幹部品生産ラインなどのプロジェクトをとりわけうまく建設し、国家級先端NC旋盤産業基地を築く。

先端化学工業産業を発展させ、中国科学院化学工業新材料技術イノベーションと産業化基地のプラットフォーム効果を活用する。石炭化学産業チェーンを伸ばし、コールタール化学産業チェーンをレベルアップさせる。精製化学工業や化学工業新材料産業チェーン発展させる。石炭に立脚し、石炭を成長させ、やがて石炭を超越する発展の道を探し出す。化学工業安全生産のモデルチェンジとグレードアップを推し進め、企業のスタッフ成長や運営集約化を推進する。

ビッグデータ産業、「インターネットの町」と曽南ビッグデータセンターを中心とする。顕著な特色のあるインターネットや物聯網(物のネットワーク)の経済産業パークと新興産業の創業プラットフォームを築いて投資誘致を進め、主にイノベーション創業、ソフトウェア開発、技術化養老、観光などの分野のプロジェクトを導入してソフトウェア開発、ビッグデータの研究開発と運用、電子商務などに重点を置く。規模効果の形成を加速させ、「智慧棗荘6161」プロジェクトの建設に力を入れて推進する。

リチウム電池産業。リチウム電池材料-リチウム電池-コントロールシステム-検査検証-動力電池という比較的に完備した産業チェーンを構築し、標準の優位に立脚して製品のセット化と系列化に力を入れる。主にリチウム電池材料、リチウム電池、コントロールシステム、検査検証、動力電池、エネルギー蓄積電池などの面で投資誘致を進め、我が市のリチウム電池製品産業チェーンとエネルギー自動車産業チェーンの成長に力を入れ、リチウム電池産業基地を築く。

医薬健康産業。健康医療産業ファンドの引率効力を発揮し、生物医薬、医療器械などの産業に対しての支持力を高め、生物医薬産業クラスターを育成する。医療器械産業パーク、国家医薬博物館及び健康産業パークなどのプロジェクトの建設を加速させ、地域性のある医療養生綜合発展高地を築く。

現代農業産業。現代農業産業体系の構築をめぐって投資誘致を展開し、特色食糧と油、特色野菜、特色家畜と家禽、特色果物、特色水産物という五つの産業帯を重点的に建設し、新型規模化経営主体プロジェクトを導入する。家庭経営農場、農民専門組合、規模のある栽培養殖農家などの新型経営主体に力を入れて発展させる。

リーディングカンパニー

棗荘鉱業(グループ)有限公司

山東能源棗荘鉱業(グループ)有限公司は1878年に発足した「中興鉱局」から発展してきた会社である。1899人に中興鉱局は体制改革を行って「中興公司」という中国初の政府監督、民間経営の民族株式企業になった。その上、1956年に棗荘鉱務局が成立し、1988年に体制改革を行って棗荘鉱業(グループ)有限責任公司に成り、2011年に山東能源グループの傘下に入った。

近年来、棗荘グループは積極的に国有企業の政治責任と社会責任と経済責任を履行し、国の方式転換、構造調整の戦略導きを実施し、「石炭を礎にし、多元化発展に適応し、内部を落ち着かせて外部を開拓し、モデルチェンジして発展します」という戦略的位置づけを明確にし、「実体経済を支えにし、物流貿易を通じてモデルチェンジを促進し、資本運営を通じて利益を生み出します」という発展戦略を実施する。「着実しながら長らく発展する」の戦略任務と「実優富強」という新しい棗鉱建設の全体目標をめぐって、新旧エネルギーの代替わりを加速させる。党組織の指導核心と政治核心の効力を発揮し、一つの支部一つの砦、一人の党員一面の旗、一人の幹部一つの模範といったことを目標にして、システム化、標準化、プロジェクト化、見本化、実体化、情報化を通じて、企業の党建設事務に力を入れて取り組み、「尊重、包容、クリーン、規則正しい」の政治生態を醸成し続け、全力を挙げて党建設の政治的優勢を発展の優勢に変える。企業は風潮が正しい、管理が科学的、産業構造が改善続けされ、発展効果が着実にアップします、という良好な局面を呈している。

現在、企業は年間3000万トン余りの石炭、300万トン余りのコークス、15億KWHの電力、1300万条の車輪を生産し、年間の営業収入が1000億元の規模に達する。外部開発において、国内は内モンゴル、山西、陜西、雲南などの省に足を踏み入れ、国外はタイ、カナダ、シンガポールなどの国や地域に進出します。石炭生産加工、コークス化学工業、ゴム化学工業、コージェネレーション、物流貿易金融を一貫した体制を有し、国境、地域、業界、所有制の壁を越えた大型企業グループになっている。前後「全国模範企業」「国家級企業管理現代化イノベーション機関」「全国企業文化優秀機関」などの称号を獲得した。

聯泓新材料有限公司

聯泓グループの子会社である聯泓新材料有限公司は主に精製化学工業と化学工業新材料産業を経営するグループ化会社である。聯泓新材料有限公司は将来性のある新型化学工業を依托にして、先端アルケン高度加工産業チェーンの構築を通じて、規模と影響力と綜合競争力のある化学産業クラスターの作りに力を入れる。現在は聯泓(江蘇)研究院、聯泓化学工業販売などの子会社がありますが、聯泓の総社員数は5000人くらいに達する。聯泓新材料有限公司の酸化プロピレン装置は米国科学設計会社のエチレンを酸化させてEOを作るという工芸技術を利用する。アルコキシル化装置はイタリアDesmetBallestraS.p.A会社の最も成熟した、最も安全性の高い五代目アルコキシル化工芸を利用する。ご参観、ご指導、ご商談のためにいらっしゃることをお待ちしております。