済寧

2019-11-29 20:35

発展の優位性

有名な文化都市かつ交通の中心地である済寧

済寧は、孔子と孟子の故郷であり、儒家文化と中華文明の重要な発祥地です。孔子、孟子、顔子、曾子、子思子の5人の聖人がここに生まれました。曲阜と鄒城は国家歴史文化名城に指定されており、「三孔」と京杭大運河は世界遺産に指定されています。

済寧は淮海経済圏の中心都市の1つであり、北京と上海の間の黄金地区に位置しています。北京-上海高速鉄道の曲阜駅から北京まで2時間、上海まで3時間かかります。北京-杭州大運河は都市全体を貫き、輸送能力は1億トンに達しています。済寧空港は全国の主要都市につながっています。

資源都市である済寧

済寧には250億トン以上の石炭埋蔵量があり、年間8000万トンの原炭が産出され、山東省の半分以上を占めています。希土類埋蔵量は全国2位で、設置されている電力容量は1200万キロワット、年間発電容量は550億kWhを超えています。南西湖は中国北部で最大の淡水湖であり、済寧は全国の穀物、綿と油の生産基地および特徴のある農産物の基地であり、金郷にんにく、魚台米、微山湖魚製品は地元の有名なブランドです。

地域において、強い経済力を持つ済寧

済寧では、石炭化学、エンジニアリング機械、生物医学、新素材などの多くの国家級産業基盤を構築しています。兗鉱グループはフォーチュン・グローバル500で318位、太陽紙業、華勤グループ、如意グループの3社は中国企業上位500社に入っています。済寧市には、1つの国家級ハイテク区と14の省級経済開発区があり、大きな投資力と強い投資負担力を備えています。

発展目標

新興産業を発展させ、五つの新駆動エネルギーを育成し、強くして、次世代情報技術、ハイエンド装備、新エネルギー新材料、省エネ環境保護、医養健康を重点とする。

次世代情報技術産業

済寧市は情報製造、ハイエンドソフト、ビッグデータ、情報技術応用産業を重点的に発展させ、「四大中心地」の特色を強調し、省の情報技術産業基地を建設する。ファーウェイ、軟通動力をを代表とする山東省のビッグデータ産業中心地を建設し、マイクロソフト、中軟国際をを代表とする山東省のソフトウェア産業中心地を建設し、中興通訊、中科曙光を代表として、山東省の知恵都市産業中心値を建設し、深セン先進技術研究院、諾博泰を代表とする山東省のスマート端末産業中心地を建設する。

5大伝統産業を改造してアップさせ、新駆動エネルギーを形成し、ハイエンド化学工業、紡績服装、高効率農業、文化旅行、現代金融を重点とする

ハイエンド化学工業産業

化学工業産業の集約的発展レベルを向上させ、新型石炭化学工業産業の発展を最適化させ、高付加価値、低汚染の精密化学製品を主力攻撃方向とし、石炭のコークス化、ガス化下流産業チェーンを伸びさせる。エンジニアリングプラスチック、高性能繊維、合成ゴム、生体材料-、ポリウレタン、バイオマスエネルギーなどのハイエンド製品の発展を加速する。

紡績服装産業

紡績企業のファッション化、個性化、オーダーメイド化の開発をサポートし、新型の生地、高級スーツ、先染シャツ、ファッション服、子供服、家庭用紡績品、産業用紡績品などの中高級紡績服装製品の製造を拡大する。服装、家庭用紡績品産業チェーンを完備し、「如意紡績」などの機能性紡績のキー技術を普及させ、如意紡績製造業革新センター、創意設計集積革新プラットフォーム、知能捺染共有工場を建設し、ファッション創意産業園区を計画、建設し、「インターネット+アパレルオーダーメイド」、越境電子商取引などの新モードを革新し、全国的に有名なファッション紡績スマート製造基地を建設する。

現代効率化農業

効率的な生態農業の建設を目指し、「郊外、平原、山岳地帯、湖区」の四大農業層の仕組みを完備し、「緑色」穀物、綿油産業、高効率の果物、野菜産業、特色のある苗木、花卉、生態漁業、上質かつ安全な牧畜業を発展する。農産物ブランド化戦略を実施し、国際的に有名な企業ブランドを作る。

文化観光産業

文化レジャー、国学トレーニング、芸能娯楽、創意設計、祭り展覧会、石彫刻文化、ネット映画などの新興文化業態を積極的に発展する。観光特色のある小鎮の建設、ブランドの創建、新業態の育成、観光地の向上、交通の「快进漫游」(高速道路の開放式サービスエリアを作ることによって、観光客が観光スポットに出入りするのがもっと便利になる。漫遊は特色のある高速道路のサービスエリアに建設し、食事と宿泊の旅と娯楽」を一体化した交通ネットワークを作ること。)の構築を加速し、研修旅行モデル、レジャープロジェクトの推進、農村観光の八大プロジェクトを突破し、国際観光目的地の都市を作る。

現代金融サービス業

国内外の有名な金融機関を取り入れ、直接融資を拡大し、実体経済融資ルートを積極的に広げ、企業の多段階資本市場へのドッキングを推進する。金融サービスの革新を推進し、養老金融、教育金融、文化金融、観光金融、農村金融、グリーン金融などの新型金融サービスを積極的に発展し、インクルーシブファイナンス改革試験区を構築し、産業金融集積区の建設を加速する。

投資誘致ニーズ

嘉祥ハイエンド情報電子部品産業基地プロジェクト

山東盈和電子科学技術有限公司は特殊な陶磁器金属化の研究開発と製造を中心に、研究開発、生産、販売を一体化したハイテク技術企業である。会社は全自動パンチングマシン、全自動ホットカッティングマシン、全自動銀銅リング組み立てマシンなど、完全なチップ式石英発振セラミックベースの製造ラインを持っている。現在、園区には徳豊重工、盈和電子、徳潤新材料など10社余りの企業が入り、生産をしている。ハイエンド装備製造、新型建築材料産業群を初歩的に形成した。プロジェクトは高速鉄道産業園内にあり、総計画面積は500ムーで、総投資額は18億元で、生産を開始した後、年間売上高は20億元に達し、利益と税金収入はは5億元に達した。。

梁山新エネルギー専用車及び付属部品の研究開発生産プロジェクト

当該プロジェクトは梁山県工業園にある。梁山工業パークとは専用自動車産業を主導として、専用自動車、部品の製造と専用自動車展示会、物流、商用中古車の取引を一体にする専門園区であり、梁山の「第十三次五カ年計画」の先進製造基地である。国際展示センター、科学革新センター、品質検査センターの「三つのセンター」を組み合わせて建設した。研究開発、情報、品質検査、マーケティング、金融と展示会の六大サービスプラットフォームの構築に努める。

重点産業

次世代情報技術産業,ファーウェイ山東ビッグデータセンター、海富電子、晶導整流器チップなど重要なプロジェクトを牽引として、集積回路、ビッグデータ、北斗応用、人工知能などの産業を発展し、情報産業の発展の中心地を作り上げる。

ハイエンド装備製造産業永生重工、永華デジタル制御、海緯機関車、珞石ロボットなどの重点プロジェクトの建設を加速し、5G通信、工業インターネット、モノのインターネッなどの現代サービス業と製造業の深く融合を推進し、重点企業の知能工場とデジタル化工場の建設をサポートし、済寧製造から済寧スマート製造へ邁進させる。

新エネルギー新材料産業新エネルギー自動車、動力バッテリー、グラフェン、レアアースなどの産業チェーンを重点的に突破し、比亜迪、聯誠、聖陽電源などの企業に頼って電機制御などの関連プロジェクトを導入し、梁山専用車、重汽商用車の新エネルギー自動車の研究開発生産をサポートし、完成車の生産能力を形成するように目指す。泰山ガラス繊維、益代新材料、コロンビアンカーボンブラックなどの牽引プロジェクトの建設を加速し、カーボンファイバー、グラフェンなど新材料の作業化を推進する。

省エネ環境産業プレハブ建築、固形廃棄資源利用などの産業チェーンプロジェクトを重点的に発展し、融都科技、元泰環境保護、水発環境、欣格瑞などの企業規模を拡大し、発展への“グリーン動力”を育成する。

医養健康産業如意国際健康城、魯抗産業園などのプロジェクトの建設を加速し、辰欣、広育堂などの中堅企業を拡大し、「医療・ケア・健康・知力」という四位一体の医療ケア健康産業チェーンを構築する。

ハイエンドの化学工業、済寧は省級の化学工業パークに頼って、石炭化学工業、塩化学工業、ゴム化学工業、生物化学工業産業チェーンを延長し、上流・下流企業の協同を強化し、カセイバイオテックの長鎖二塩基酸、中港精密化学工業、栄信石炭化学工業、盛発焦化などの牽引性のあるプロジェクトを推進し、ハイエンド化工業産業集積区を建設する。

紡績服装産業如意集団のリーダーシップの促進作用を強化し、汶上県でレジャー服装製造名城の建設を支持し、中堅企業のグローバル配置資源を奨励し、グローバルファッション紡績製造基地の構築に努める。

現代高効率農業、農業の先導企業を育成し、誘致することを手掛かりとして、「先導企業+合作社+家庭農場」のモデルを普及させ、農業と加工業、物流、電子商取引、農村旅行などの第一、二、三産業の融合発展を推進し、各県市区に2—3つの優位産業群を主に構築する。

リーディングカンパニー

山東魯王集団有限公司

山東魯王集団有限公司は小麦粉加工を先導とし、食品加工、紡績製品、包装製品などを一体化した総合企業である。傘下には魯王製粉有限公司、周口製粉有限公司、衡水魯王製粉、三つの持ち株子会社がある。そして小売、運送、印刷、商業小売などを兼営している。コア親会社の登録資金は5660万元で、会社は2.6億元の資産を持ち、その中、流動資産は9000万元である。敷地面積は36万平方メートルで、従業員は1260人余りいる。

山東菱花グループ

菱花グループ有限公司は済寧高新技術産業開発区に位置し、1979年に設立され、国家レベルの大規模企業グループであり、農業産業化に国家の重点的導企業であり、全国の農業製品加工工業の模範基地であり、国家火炬計画の重点的ハイテク企業であり、山東省ハイテク企業、山東省知的財産権の試験企業、中国特許持ち、山東スター企業、山東省資源総合利用企業、山東省環境保護優秀企業、山東省省エネ先進企業、2007年に国家循環経済試験企業と認定された。国家レベルの企業技術センターと山東省アミノ酸工学技術研究センターを持っている。