​繁栄な海洋経済

2019-11-29 17:20

豊かな海洋資源:最も美しい砂浜、最も豊かな海洋資源と世界級の港口の群れがあり、海洋関係産業の総生産額が1.48万億元に達し、全国の19.1%、全省の総生産額の20.4%を占め、海洋輸送など若干の産業の増加値も全国でトップランキングに入る。

科学技術の実力が強い:全国唯一の海洋科学と技術国家研究所及び国家深海基地、大型総合海洋科学考察船など重要な国家イノベーション・プラットフォームがある;全国の半分に近い海洋関係科学技術人材、33.8%の海洋関係学科を研究する院士、全国32%の海洋関係研究機関、32箇所の省級・部(日本の省に相当)級の海洋関係重点研究室が本省で集まる。「第十期五ヵ年計画」以来、全国の50%近い海洋領域の「973」「863」計画プロジェクトを担当する。

海洋産業の発展スペースが広い:海洋バイオ技術の発展が規模の大きな海洋食品、海洋薬品、生態漁業などブルーバイオ経済を牽引している;次世帯インタネット技術などの運用につれて、海洋AIデバイス、ビッグデータ、クラウド計算などの情報産業が続々生まれた;低炭素・グリーン技術の進歩が海洋新エネルギー、海洋環境保護などの新興産業の勃興を促進した。将来3年の間、現代海洋産業の増加値が全省の経済総量の23%以上を占める予測できる。