聊城

2019-11-29 20:35

発展の優位性

文化名城であり、「水城」とも呼ばれている

・聊城は国家歴史文化名城に指定されており、悠久な歴史を持ち、文化情緒が溢れている。『水滸伝』『金瓶梅』『聊斎志異』などの物語の発生地でもある。

・聊城は極めて秀麗な水城である。魂のような「水」の面積は市街地面積の約1/3を占めている。

・聊城を囲む東昌湖は中国の北方で一番広い人工湖であり、水面面積は6.3平方キロである。

・唯一無二の中華水城古町は湖の中心部に位置している。町と水が互いに囲まれ、河と湖が繋がり、独特な風景が生んできた。

聊城は国家と山東省の発展戦略が重なった地域であり、華北の重要な交通中枢都市でもあり、北京まで約2時間半かかる

聊城は国家中原経済区と北京・天津・河北共同発展区、省都都市群経済圏、西部地域経済発展途上地域の計画に盛り込まれており、国家と山東省の発展戦略が重なった地域となっている。

・平原に位置し、半径300キロメートル以内の人口が2億に達しており、市場が広い。

・聊城は華北の重要な交通中枢都市であり、北京まで約2時間半かかり、済南遥墻国際空港まで僅か1時間かかる。

・現在、交通に関する大プロジェクトが進んでおり、便利で効率的な立体化交通網が建設されている。

新旧運動エネルギー転換プロジェクトを深く実施し、新世代の情報技術を用いて知恵化学工業パークの管理プラットフォームを構築する

・新旧運動エネルギー転換プロジェクトを深く実施し、産業のモデルチェンジを推進する。

・新エネルギー車、新化学工業材料、ハイエンド装備の製造、生物製剤などを中心としたハイテク産業が高速度で発展している。

・モノのインターネット、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどの新技術の応用と革新が日々活躍しており、新たな経済形態が生まれた。

・情報技術サービスが高成長を遂げており、新業態新モデルが現れてきた。

・魯西集団は新世代の情報技術を用いて知恵化学工業パークの管理プラットフォームを構築した。

31証整合の「多証合一」改革が行われた。新型農村協同組織金融の試験的な実施は全省をカバーしている

・1,746項目の一次審査・認可サービスを押し出し、31証整合の「多証合一」改革を行った。

・「インターネット+政務サービス」の実施は全省の先頭を走っており、市公共資源取引センターは正式に運営し始まった。

・新型農村協同組織金融の試験的な実施は全省をカバーしており、国内初の市クラス株式質信用補強基金を設立した。

・登録資本が10.2億人民元である市級大手保証会社を設立した。その資本規模は全省の上位を取った。

発展目標

2022年まで、全市における新旧運動エネルギーは平穏な引継ぎ、共同稼動を実現することができ、新経済は全市の発展を支える原動力となる見込みである。これにより、新運動エネルギーは経済発展の新局面をリードするようになり、経済品質は優位性が顕著に向上し、現代化経済体制の建設は段階的成果を収めると予測される。「四新」(新技術・新産業・新業態・新モデル)の経済的付加価値の比率は年間平均1.5ポイント成長する。

新技術の革新は加速している。科学技術革新力は更に向上し、科学技術成果が実際の製品に転換する速度は上がりつつある。聊城の経済への寄与率は明らかに成長した。科学技術の進歩による寄与率は60%に達し、研究開発費用は合計でGDPの2.7%を占めた。特許権実施の件数は年間平均25%以上増加し、一万人ごとに有効特許を持つ件数は6件以上となった。毎年、国家級ハイテク企業は20社以上、省級以上革新プラットフォームは10個以上増加する。

新産業の発展を加速する。百億元、50億元規模のリーディングカンパニーを育て、完全な機能と付帯施設を備えた新旧運動エネルギー転換模範基地を建設する。また、聊城のハイテク産業の生産高が一定規模以上工業の生産高を占める比率は35%を超え、経済的付加価値がGDPを占める比率は年間平均1.5ポイント成長する。

新業態・新モデルは益々生まれてきた。デジタル経済の年平均成長率は15%以上に達し、一定規模以上企業における電子商取引の利用率は98%超であり、両化融合(情報化と工業化の相互依存、融合、相互促進)の発展指数は85以上となった。共有経済は高成長しており、ビッグデータの応用は広がっている。

従来型産業のアップグレードは加速している。重要業界における製造設備の数値制御率は60%を超え、技術革新への投資比率は年間平均2ポイント増加し、「三品一標」と呼ばれる品質認証を通過した原産地の認証面積が食用農産物の面積を占める比率は年間平均2ポイント増加し、現代サービス業の経済的付加価値がサービス業を占める比率は年間平均1.5ポイント増加する。

体制・メカニズムは更に改善されている。完全な新旧運動エネルギー転換の政策が構築されており、経済発展の需要に応じた治理体制が改善されている。治理能力は明らかに向上し、知的財産権に対する保護は厳格化しており、社会信用システムの構築は穏やかに進んでおり、革新・創業の環境は持続的に最適化されている。

改革開放50年となる2028年において、聊城は全省と同期で今回の新旧運動エネルギー転換を完成させることができる。革新的発展の体制・メカニズム・システムは完備し、科学的で効率的になる。要素投入の構造、産業発展の構造、都市・農村地域の構造、所有制構造は持続的に最適されている。市場は活力に満ちており、発展の原動力が強いと予測される。

投資誘致ニーズ

陽谷光電情報産業パークプロジェクト

当該産業パークにおいては、ハイエンドケーブルプロジェクトを5つ立ち上げ、細分化した市場向けの光伝送製品を13件開発し、国家級光通信実験室、国家級電線ケーブル検出センター、ポスドクワークステーション、研究生ワークステーション、光電情報職業技術学院などの科学研究プラットフォームを5つ設立する計画がある。また、機関車用のケーブル、海洋工事用のケーブル、炭素繊維ケーブル、グラフェンケーブル、超伝導ケーブルと光学電子部品などのハイエンド製品を導入する。これにより、陽谷光電情報産業の競争力は全体的に向上しつつある。

嘉明インテリジェント製造産業パークプロジェクト

当該プロジェクトは500ムーの面積を占め、産業用ロボット、サービスロボット、インダストリー4.0自動化生産ラインと重要設備、モノのインターネットインテリジェント設備などのハイテク製品の製造・経営を計画する。

自動化設備メーカ、ロボットの設計・製造会社、インテリジェント物流設備メーカなどのインテリジェント製造に関する企業をパークに引き込む。加入した企業は聊城地域の製造業に対して、設備の両化融合、設備のインテリジェント化・ネットワーク化、ロボットによる職業代替、リーン生産及びフレキシブル生産を含む全面的なアップグレードをサポートする。

重点産業

新材料産業。現在、聊城においては有色、黒色、化学工業などの基礎材料に関する特色産業クラスタが初歩的に形成されている。ハイエンド装備用の特殊合金、化学工業新材料及び先進的な光通信材料などの製品と関係している。2022年まで、新材料産業のクラスタは生産高が1千億人民元を超え、一定規模以上工業の生産高を占める比率が8%に達することを目指す。中国馳名商標を5つ、省著名商標を10個育て、国家クラス企業技術センターを5社、省クラス企業技術センターを10社育てる。

新金属材料。信発集団、祥光銅業、中色奥博特、上達稀土、冠洲集団などの企業の技術的優位性を生かし、国内外先進技術・装備・工程を更に導入し、高性能銅合金、アルミニウム合金、チタン合金、銅箔、アルミ箔、NdFeBレアアース永久磁石、高純度アルミナ粉末などのハイテク製品を重点的に開発し、大手企業、大手グループ会社が新材料に関する業務を外し、独立の経営実体を設立することを推奨する。高い出発点から信発ハイテク材料産業パーク、中色奥博特有色金属産業パークを建設する。

化学工業新材料。魯西集団の技術的優位性を生かし、企業における重要段階、生産ライン、作業場、工場のインテリジェント化と無公害化に力を入れる。ポリカーボネート、カプロラクタム・ナイロン6、ナイロン66、MDI、TDI、フッ素材料、ポリエチレンなどのハイテク製品を重点的に開発し、ハイレベルな中国化学工業新材料(聊城)産業パークを建設する。

半導体と通信の新材料陽谷ケーブル集団、茌平県国宏中環、冠県恒通晶体などの企業の技術的優位性を生かし、更に製造工程のレベル、技術的革新力を向上させる。光ファイバー・ケーブル、光ファイバー用プリフォーム、炭化ケイ素結晶、サファイヤクリスタルなどのハイテク製品を重点的に開発する。保険料補助金と国家重大専項の政策に恵まれ、サプライチェーンの下川における開拓と応用を強化し、上川における基礎材料の自給率を向上させる。

ハイエンド装備製造業。ハイエンド装備製造業は聊城の重要産業である。長年の発展を経て、自動車、農業機械、ベアリングといった8つの業界において、種類も付帯施設も完全揃いのシステムが既に構築された。装備製造業のインテリジェント化、無公害化、サービス化の発展動向に合わせて、インテリジェント製造装備をはじめ、農業装備、ハイエンドベアリング、産業用ロボット、無人航空機、専門付帯設備、電工電気などの製品を大きく発展させ、製品のハイテク化、ブランドのハイエンド化を推進し、産業の革新力と市場競争力を向上させ、全省における重要なハイエンド装備製造業のクラスタを建設する。2022年まで、ハイエンド装備製造業のクラスタは生産高が1千億人民元を超え、一定規模以上工業の生産高を占める比率が8%に達することを目指す。中国馳名商標を5つ、省著名商標を10個育て、国家クラス企業技術センターを5社、省クラス企業技術センターを10社育てる。

農業機械産業。時風集団、瑞澤重工、聯億重工などの工業機械企業に頼り、ナビゲーション、電気油圧制御、パワーシフト、調速などのコア技術を突破し、精密成形、精密鋳造、オートマチックスタンピングなどの生産プロセスを改善し、高性能コンバイン、新型トウモロコシ収穫機、高性能水稲収穫機、まぐさ収穫機、大型綿収穫機、ハイパフォーマンスのインテリジェントトラクター、植物保護機械などの新型機械を開発し、全国重要インテリジェント農業機械産業基地を建設する。

ハイエンドベアリング産業。技術改造強化、品質向上、ブランド力向上の活動を行い、熱処理などのコアプロセス、騒音コントロールと回転速度などのコア技術を突破し、高精度の自動化設備を鋳造と車両処理などの段階に応用し、サプライチェーン全体の製造水準を向上させる。「専精特新」中小企業を育てる。「隠れたチャンピオン」や「小巨人」企業を作り、「チャンピオン企業」が産業クラスタになるように力を入れる。臨清軸承、東阿鋼球、東昌府軸承保持器などの関連部品企業との業務提携を推進し、共同発展を求める。臨清において全国専用特殊ベアリング産業知名ブランド模範区の建設を支援する。ハイレベルな煙店ベアリング産業パーク、中国(鄭家)ベアリング保持器産業パークを建設する。2022年まで、中国最大で機能完全で世界有名な「中国ベアリング貿易城」と「中国ベアリング工業城」を建設することができるように力を入れる。

工業ロボット産業。諾伯特智能装備、鑫泰工作機械などの企業に頼り、精確なインテリジェント制御技術を突破し、システムアセンブリ、設計、製造、試験、検出などのコア技術の研究を行い、スタンピングロボットに重点を置く。溶接、組立、スプレー、熱間鍛造などの分野に関するロボットを開発し、より精確でインテリジェントで効率的な製品を開発する。

リーディングカンパニー

山東陽谷緑灯行ケーブル有限公司

山東陽谷緑灯行ケーブル有限公司は2002年に設立され、電線とケーブルに関するハイテク技術の研究、製造と経営に従事している。且つ、高品質をもって速やかに業界で立ち上がった大手民営企業である。山東陽谷緑灯行工鉱区に位置しており、18万平方メートルの面積を占め、2億人民元の固定資産を保有している。その製品には高圧、低圧、特殊、キャブタイヤなどの各種のハイテク電線・ケーブル製品が含まれている。年間生産高は9億人民元に達し、6,500万人民元の企業所得税を納付する。企業には、高い技術を持った従業員は320人あり、そのうちの46人はエンジニアやシニアエンジニアである。企業においては準軍事的な管理を行う。現代化の電線・ケーブルの生産ラインは30本あり、部分放電高圧検出設備は20台(セット)ある。企業は先進的な製造設備、優秀な管理人材と完備された検出方法によるところが大きい。

山東祥瑞銅材有限公司

山東祥瑞銅材有限公司は山東祥光集団有限公司の子会社であり、山東陽谷祥光国家生態工業模範パークに設立されている。河北・山東・河南の境に位置しており、地理的優位性に恵まれて交通運輸が発達している。200ムー以上の面積をしめ、登録資本が22,632万人民元であり、16億人民元の投資が入った。山東省重要建設プロジェクトとしての山東祥瑞銅材有限公司は、1本で世界最大の銅線材生産ラインを持っており、年間を通して32万トンの銅導体及び電気化鉄道用架線を産出することができ、国内最先端の銅深加工企業の一つである。企業は、「技術革新がコア競争力を生み出し、鋳造精品が世界市場を開く」の理念を掲げており、先進技術と管理経験を引き続き吸収することで優れた従業員を育てる。「祥瑞」ブランドを銅加工業界の優秀ブランドに作り、国内外の顧客に高品質な製品とサービスを提供できるように力を入れている。