菏沢

2019-11-29 20:35

発展の優位性

いろんな意味での中心、文化の郷

·菏沢市は山東省の南西部に位置し、江蘇省、河南省、安徽省に近接している。

·歴史の中で、菏沢が「天下の中心」と呼ばれ、何度も中原地区での重要な政治、経済、文化の中心となった。

·また、牡丹や書道、絵画、伝統劇、武術、民芸の郷として中国で有名である。

地理的優位性と豊かな資源

·発達した東部沿海地域と中西部地域との交わる場所に位置して、東は沿海の港湾に、西は中原の後背地に延びる。

·菏沢は農業の生産条件に恵まれて、中国の有名かつ良質の穀物、綿、林産物、家畜の生産基地である。

·地域内には石炭の埋蔵量が豊富で、華東地域で最も大きい、かつ最も良質の炭田と言われる巨野炭田がある。

産業の発展には良好な基盤

·電気、機械、化学工業、医薬品、食品、繊維製品、林産物の加工を主とする作業システムを形成した。

·化学製品、毛皮の衣服、果物、野菜、木製工芸品などは、国際市場で競争優位性がある。

·菏沢は、山東省・江蘇省・河南省・安徽省の交わる場所にある発展高地になれるよう、7つの主要産業を大いに発展させる戦略的な配置を制定した。

仕事も起業もしやすい地域

·菏沢は華北平原にある素晴らしい地域であり、黄河のほとりにある真珠であり、中国での有名かつ高品質の穀物、綿、林産物、家畜の生産基地でもある。

·牡丹の生産、科学研究、輸出、鑑賞の拠点として、世界最大の面積と最多の品種を誇っている。

·菏沢は世界中の180あまりの国・地域とは貿易パートナーシップを確立しており、20あまりの国・地域が菏沢で投資している。

発展目標

新旧エネルギー変換という重大なプロジェクトの全面的展開に関する要求

ライフヘルス、ハイエンド機器、最先端の新材料などの将来向け産業を整備し、

ハイエンド化学工業、バイオメディカル、情報技術、省エネルギー・環境保護型産業などの新興産業を発展させ、

電気機械装置、農業副産物の加工、貿易物流などの従来産業を改善し、

セメント、織物、捺染などの産業の時代遅れの生産能力を排除し、

また、介護のモデル基地、近代的農業開発のための包括的な実験ゾーン、中国牡丹都市として整備を推進する。

山東省・江蘇省・河南省・安徽省の交わる場所にある科学的な発展高地を目標として菏沢を建設する。

山東省南西部にある石油化学の精密加工産業クラスターおよび国家レベルの近代的石炭化学産業の実証基地を構築し、化学工業プロジェクトの波及効果を拡大する。

全国医薬品産業都市トップ10、また中国北方地域の医療都市として整備を図る。

山東省・江蘇省・河南省・安徽省の交わる場所にある重要な電気機械装置の製造拠点を構築する。

新しいエネルギー車の生産拠点や、電子レーザー、グラフェンの研究開発・生産拠点を構築する。

中国における重要な農業副産物の仕上げ加工基地を構築する。

市の地理、交通などの優位性に基づき、地域内の近代的貿易物流産業拠点を構築する。

投資誘致プロジェクト

革新的医薬品産業化のプロジェクト

このプロジェクトは、ダパグリフロジンの合成に関する新しい技術と、「セファロスポリン中間体7-アミノ-3-メトキシメチル-2-セフェム-2-カルボン酸の調製方法」の特許技術などを採用しており、ダパグリフロジンの無菌原薬が15トン、セフポドキシムプロキセチルが135トンとして年に150トンの無菌原薬製品が生産される。凍結乾燥機の導入、スクレーパー粉砕機や多段式浄水器などの国内外の先進的機器の購入により、EU基準に沿った新しい無菌ワークショップを設立し、年に150トンの生産能力を達成させる。

プロジェクトの投資総額は2億元で、設計生産量に達した場合、年間売上高は3億元、粗利総額は5,000万元にあがり、プロジェクトの建設期間は2019〜2020年である。

抗がん剤中間体プロジェクト

抗がん剤中間体プロジェクトは定陶区で施行され、延床面積が20万平方メートルで、主に研究開発センターやモニタリングセンター、生産センター、オフィス、支援施設などの整備を行う。

投資見積もりではプロジェクトの投資総額が30億元です。投資見積もりではプロジェクトの投資総額が30億元です。提携方式は合弁/協力/個人事業となる。

年間生産量1,000トンのホルモン原薬中間体プロジェクト

年間生産量1,000トンのホルモン原薬中間体プロジェクトについては、菏沢市定陶区で施行され、200,000平方メートルの敷地面積を有する、バイオメディカルを主要製品とするハイテクパークの構築を図り、主に21-アセトキシプレグナ-1,4,9(11),16-テトラエン-3,20-ジオン-21-アセタート(3-TRと略称)、9β,11β-エポキシ-17,21-ジヒドロキシ-16α-メチル-5α-プレグナ-1,4-ジエン-3,20-ジオン(8-DMと略称)、そして17-ヒドロキシ-21-(アセチルオキシ)プレグナ-4-エン-3,20-ジオン(ヒドロコルチゾン中間体と略称)を調製する。

投資見積もりではプロジェクトの投資総額が8億元です。プロジェクトの経済的利益分析によると、生産開始後、ホルモン原薬中間体の年間生産量は1,000トンになり、売上高40億元、粗利益20億元が可能である。提携方式は合弁/協力/個人事業となる。

抗腫瘍バイオメディカルプロジェクト

バイオ発酵、抽出、合成生産を中心とする多目的生産ラインを構築する。医薬品には、カスポファンギン、ミカファンギン、アニデュラフンギンなどの抗真菌薬と、シロリムス、タクロリムス、エベロリムス、テムシロリムスに代表されるその他の免疫抑制剤・抗腫瘍薬、そしてダプトマイシン、ラモプラニンなどのスーパー抗生物質がある。同時に、原薬の付帯施設として1,000万個の抗腫瘍凍結乾燥粉末注入生産ラインを建設する。

投資見積もりではプロジェクトの投資総額が11.5億元です。提携方式は合弁/協力となる。

格得生物の年間生産量200トンの抗がん剤および抗ヌクレオシド医薬品中間体プロジェクト

このプロジェクトの延床面積は20万平方メートルで、研究開発検出センターの整備と関連科学研究機器の購入のほかに、10の生産ワークショップ、4つの原料倉庫、4つの完成品倉庫、10の生産ライン(機器と支援施設を含む)、オフィスビル、寮を整備しようとしている。

投资估算,项目总投资8.9亿元。项目建设年限2年,合作方式合资、合作。

投資見積もりではプロジェクトの投資総額が8億9,000万元である。建設期限は2年で、提携方式は合弁/協力となる。

ハイエンド美容縫合糸/縫合針に関する国際技術の転化および産業化プロジェクト

敷地総面積は約30ムー、延床面積は22,000平方メートルで、生産ワークショップ、オフィスと研究開発総合ビル、保管センター、スタッフ寮、スタッフレストランおよび補助施設などを含み、60台(セット)以上の生産および研究開発機器を購入している。年に5,000万本のハイエンド医療用美容縫合糸/縫合針の生産量を図る。

投資見積もりでは、プロジェクトの投資総額は9,000万元で、そのなかに固定資産投資額が7,000万元、元入運転資本(initialworkingcapital)が2,000万元となる。企業の小口現金は3,500.0万元、資金調達ギャップは5,500万元である。

プロジェクトの経済的利益の分析によると、このプロジェクトが設計生産量に達した場合、ハイエンド医療用美容縫合糸/縫合針の年間生産量は5,000万で、5億元の年間売上高と、1億2,000万元の粗利益が予測されている。提携方式は、合併、共同経営、株式参入となる。

重点産業

石炭発電化学工業:石炭資源に恵まれた利点を最大限に活用し、地域内にある巨野、単県、曹県の3大炭田を拠点に、石炭資源の深度開発を重点に、鉱坑の建設を加速し、石炭、発電、石炭化学工業、電気機械などのプロジェクトを積極的に開発し、石炭化学工業拠点の完備に取り込んでいる。

石油化学工業:中原油田に近接する地理的優位性と豊富な石油・ガス資源に基づき、東明石油化学グループ、玉皇化学工業、尚舜化学工業などの企業を頼りに、原油の加工を牽引力とし、有機化学工業原料、合成材料、ファインケミカルを主とし、石油化学工場拠点の構築に努めている。

農業副産物の加工:豊富な農業・家畜家禽資源、膨大な消費人口および安価な労働力に基づく農産物・畜産物禽産物加工の深化と、バイオテクノロジーその他のハイテクによる食品産業の加工強度の改善、果物、野菜、乳製品、肉製品、健康製品などの製品の加工プロジェクトの導入、そして食品産業・工場移転の受け入れを実施する。

貿易物流業界:菏沢の恵まれた地理的優位性を活用し、資本、課税、土地などに関する優遇策を明確にし、物流拠点を作り、さまざまな専門市場を開発する。

文化観光:水滸文化都市、孫臏観光都市、仿山・金山観光地など豊かな文化的奥底を持つ文化観光資源と、曹州牡丹園、百花園、黄河森林公園、趙王河公園などの景勝地の広報に力を入れて、「平野に森林、森林に穀倉」というエコツーリズムを開発する。

森産業:豊富な森林資源を頼りに、ポプラ、桐、苗木、杞条など6つの林業拠点構築による林業加工の発展と、林業の産業的構造の最適化に基づく科学技術付加価値も高い、生産規模も大きい集中処理プロジェクトの建設と、高級板、高級調度品、手工芸品、木工機械などの関連プロジェクトの導入に焦点を当てる。

繊維産業:中高品質の綿・糸生産基地を構築し、工業用織物、装飾用織物、高級織物などの開発に焦点を当て、衣類や寝具などの織物端末製品を積極的に導入して産業開発チェーンを徐々に拡大する。

新素材産業:基本的、先駆的、戦略的原則を守り、ソーラー、地熱エネルギー、バイオマスエネルギーなどの再生可能なエネルギーを積極的に開発し、地域の新エネルギー拠点の構築に力を注ぎ、ポリマー、特殊金属機能、新しい無機非金属などのハイエンド材料(グラフェン)を特に発展させ、地域的新素材蓄積エリアの構築に重点を置く。

リーディングカンパニー

山東三信実業有限公司

山東三信実業有限公司は、革新的なビジネス貿易企業グループとして、1992年に設立され、今はスーパーマーケットチェーン、化粧品チェーン、電子商取引、農業副産物の統合拠点、グリーンフードファウンドリ、物流運送、商業投資、不動産代理人チェーンなどを一体化したビジネスグループ会社となった。

三信グループは今正社員が2,000人を超え、自社の不動産経営面積が約60,000平方メートルで、完全な内部統制管理システム、進んだERP情報化管理システム、専門的管理チームを保有している。また、グループによる統一的に計画、事業別の管理、独立した算定と管理が特徴である株式改革および共有メカニズムを実行中である。三信グループはブランドの一体化を発展戦略として、山東省南西部で一定の規模を有するビジネス・チェーン・エンタープライズとなった一方、山東省十大連鎖企業の一つにもランクインされた。2015年1月6日、三信商貿有限公司は上場に成功した。株式コードは831579である。

山東銀田農貿集団

山東銀田農貿集団は、国家商務部の承認を得た「国家物流基準化模範企業」の一つである。2013年3月に成立し、山東省菏沢市牡丹区昆明路6号に構えられている。革新的でインテリジェントな農産物卸売業市場の構築を目標とし、農産物流通サプライチェーンシステムのプラットフォームの整備に取り込んでいる。会社は、伝統的な卸売市場を中核として、関連性のある独立した事業とは以下の通り相互発展・相互促進の関係をなした。比較的に密接な相関関係を持つコールドチェーン物流と、卸売業市場から都市部の農産物卸売スーパーマーケットに物を輸送する拠点を整備し、市場運営データや関連施設に基づく企業支援を行い、上流と下流のサプライチェーンの接続によるIoTブランドの育成と、スマート農業生産拠点の戦略的協力の開発を行い、生鮮食品や日用消費財に向ける統合配送型の集約的かつスマートな配送を開発し、更に企業と拠点に対して、オンラインとオフライン経営を並行させる農産物電子商取引の実施を支援しする。